このページの本文へ
ページの先頭です。

令和4年3月19日(土曜日)一般国道375号東広島呉自動車道阿賀IC立体化完成式典に出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2022年3月19日

14時,一般国道375号東広島呉自動車道阿賀IC立体化完成式典に出席しました。
式典に先立ち,阿賀中学校伝統芸能部の皆さんがソーラン節を披露して,式典も盛り上げてくださいました。
また,当日はあいにくの雨のため,テープカットなどの祝賀行事は阿賀中学校体育館内で行われました。
東広島・呉自動車道は,平成27年3月に全線開通して以降,沿線地域の交流・連携を強化する幹線道路として,住民生活や企業活動を支え,平成30年西日本豪雨災害の際には,県内の交通インフラの多くが寸断される中,早期に復旧され,呉市をはじめとした被災地を支える輸送道路として,大変重要な役割を果たしました。
阿賀インターチェンジの立体化の完成により,朝夕の著しい渋滞が緩和され,呉市内から山陽自動車道や広島空港へのアクセス性が更に向上し,沿線地域のより一層の発展に寄与するものと期待しています。
000100020003000400050006

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする