このページの本文へ
ページの先頭です。

令和3年2月15日(月曜日)県議会2月定例会が開会しました

印刷用ページを表示する掲載日2021年2月15日

10時30分,県議会2月定例会が開会し,出席しました。
今次定例会の会期は,本日から3月15日(月曜日)までの29日間となります。
私からは,令和3年度政策の基本方向と主要施策の概要についてご説明するとともに,当面する県政の諸課題への対応についてご報告いたしました。今次定例会には,新型コロナウイルス感染症対策の強化やそれぞれの欲張りなライフスタイルの実現に向けた主要事業,創造的復興による新たな広島県づくりなどのための総額1兆938億4,000万円の令和3年度当初予算案をはじめ,条例案,「工事請負契約の締結について」など予算以外の議案,また報告事項を提出しています。慎重に御審議いただき,適切な御議決をくださるよう議会の皆様へお願いいたしました。
0102
14時00分,広島県知事・広島市長会談に出席しました。
今回の会談は,初めてとなるWEBでの開催となりました。
この会談では,
1 新型コロナウイルス感染症について
2 都心の拠点性の向上について
3 公営住宅における県市の連携強化の検討について
4 旧広島陸軍被服支廠について
の4項目に関し,松井市長と率直な意見交換を行い,各項目について,引き続き,県・市で連携して取り組んでいくことを確認しました。
喫緊の課題である新型コロナウイルス感染症への対応については,現在,第3次集中対策に取り組んでおり,県民の皆様のご協力のおかげで,感染状況は改善してきているところですが,感染を再拡大させないよう,引き続き,広島市ともしっかり連携をとりながら取り組んでまいります。
000010000200003
15時35分,今年度新たに整備したオペレーションルームにおいて,マルチディスプレイ,作戦ボード,WEB会議システムなどの各種デジタル機器を活用し,災害対応図上訓練を実施しました。
訓練では,東広島市において土砂災害が発生したことを想定し,現場からのリアルタイム情報の一覧表示,ドローンを活用した上空撮影映像の配信表示などを行いました。また,こうしたリアルタイムの画像を見ながら,東広島市の高垣市長と情報共有を図り,自衛隊への円滑な派遣要請手順を確認しました。
県では,こうしたDXの整備を進めるとともに,円滑に活用できるよう訓練を実施し,初動対応能力の強化を図ってまいります。
202224

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする