このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年9月14日(月曜日)駐広島大韓民国総領事館新庁舎開館式に出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月14日

11時00分,駐広島大韓民国総領事館新庁舎開館式に出席しました。
駐広島大韓民国総領事館は,平成9年に広島に開設されて以来,韓国の方々の在留支援や保護はいうまでもなく,日本と韓国の友好親善の増進などの重要な役割を担ってこられました。これまで日韓両国の社会の発展と,交流の促進に努めてこられた先人の皆様に心から敬意を表する次第です。
韓国はわが国にとって最も近い隣国であり,本県と韓国との間においても,経済,文化,観光,スポーツなど幅広い分野において,交流が進展しています。残念ながら,新型コロナウイルス感染症拡大により,様々な交流を中止,延期せざるを得ない状況となっていますが,これまでの交流で築いてきた絆を大切にしながら,ともに,この感染症を乗り越えていければと考えております。
この新庁舎の開館が,広島と韓国のさらなる友好交流の契機となりますことをお祈りいたしますとともに,駐広島大韓民国総領事館の今後ますますの御発展を心から祈念いたします。
0102030405

13時30分,広島湾ベイエリア・海生都市圏研究協議会の運営委員長としてご活躍いただいた中村成朗様に対して,知事表彰を授与しました。
中村様には,約20年間にわたり,運営委員長として,積極的に体験型観光修学旅行の誘致やクルーズ事業を推進していただきました。特に,体験型修学旅行の誘致にあたっては,行政や地域住民と連携して,地域に根付いた農山漁村体験メニューを計画されたことにより,参加者である子どもの力強い成長と,受入側である本県の観光振興,地域活性化を実現していただいたものと考えております。心から感謝申し上げます。
中村様には,引き続き,本県の活性化により一層のお力添えをいただきますようお願いします。
10121314

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする