このページの本文へ
ページの先頭です。

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の推進

印刷用ページを表示する掲載日2020年4月1日

デジタル技術を活用して社会に大きな変革をもたらすデジタルトランスフォーメーション(略称DX)により社会課題に対応してきます。

AIやIoT、ビッグデータなどのデジタル技術を活用して仕事や暮らし、社会に大きな変革をもたらすデジタルトランスフォーメーション(略称:DX)。
あらゆる産業や社会生活においてDXを推進することにより、県内産業の生産性向上や競争力強化、人口減少・少子高齢化に伴う労働力不足や地域活力の低下などの社会課題に対応していきます。

DXの主な取組については、ひろしま県民だよりでも紹介しています。
デジタルトランスフォーメーションの推進(ひろしま県民だより[令和2年施策・事業特集号]

 

広島県におけるDX推進のポイント

DXの潮流は、日本のどこからでも世界とつながって仕事ができ、日本のどこでも教育や医療など必要なサービスを利用できるなど、産業構造やビジネスモデル、働き方・暮らし方、生活スタイルそのものに変革をもたらすとともに、社会をより便利で快適に、豊かに変える可能性を秘めています。


本県においても、この潮流を、省力化や新たなサービス・付加価値の創出による生産性向上や競争力強化といった経済発展と、人口減少・少子高齢化に伴う労働力不足や地域活力の低下などの社会課題の解決を両立させる好機として捉え、持続可能な社会の実現につなげていく必要があります。

このため、令和元年7月にデジタルトランスフォーメーション推進本部を設置し、「仕事・暮らしのデジタル化」、「地域社会におけるデジタル化」、「行政のデジタル化」の3つの柱で取り組むこととしました。

「スーパー・スマート広島県」を目指す姿として掲げ、県内全域で、デジタル技術の恩恵を受けて、県民生活や県内企業が、様々な面でより良い方向に向かう社会を実現するDXを一体的かつ総合的に推進します。

取組の方向

デジタル技術を活用して、様々な社会課題の解決と経済発展の両立を図るDXを「仕事・暮らしのデジタル化」、「地域社会のデジタル化」、「行政のデジタル化」の3つの柱で進めるとともに、それらを支える基盤として、人材育成とデータ活用の推進に取り組みます

 

成果指標と取組内容

デジタルトランスフォーメーションの推進〈仕事・暮らし〉

行政、民間企業、各種団体等で構成するデジタルトランスフォーメーション推進協議会(仮)を設立し、デジタル技術を活用した課題解決のためのネットワークや協働体制を構築します。

 
成果指標・目標 達成年次 全体目標 平成30年度までの実績
[R2新規設定]
行政、民間企業、各種団体等の様々な主体が連携・協力し、デジタル技術を活用して社会課題の解決に取り組んでいる。
R4 -
(定性)
-

 

 

デジタルトランスフォーメーションの推進〈地域社会〉

中山間地域への外部アドバイザーの派遣や職員研修の実施により、デジタル技術を活用した地域課題の解決を推進します。また、スーパーシティ・スマートシティなど都市の機能・サービスの効率化・高度化を図る取組を市町と連携して進めます。

 
成果指標・目標 達成年次 全体目標 平成30年度までの実績
[R2新規設定]
市町が主体的に、デジタル技術を活用して、地域課題の解決に取り組んでいる。
R4 -
(定性)
-

 

 

デジタルトランスフォーメーションの推進〈行政〉

インフラの整備・維持管理、防災・減災、警察や水道などの県庁の行政手続きや行政サービスにおいて、デジタル化・オンライン化を推進し、県民の利便性の向上を図ります。また、業務の効率化を進めることにより、職員がこれまでにない新たな施策を生み出すことができる環境を整え、より質の高い行政サービスを提供します。

 
成果指標・目標 達成年次 全体目標 平成30年度までの実績
[R2新規設定]
県自らがデジタル技術を活用して、行政課題の解決や行政サービスの効率化・高度化を図っている。
R4 -
(定性)
-

 

 

デジタルトランスフォーメーションの推進〈基盤づくり〉

官民が広く、豊富で良質なデータを有機的に活用して、新たなサービスや付加価値を創出できる環境を整備するため、県が保有するデータのオープン化を進めるとともに、民間も含め様々な主体が保有するデータの流通・活用基盤の整備について検討を進めます。また、AI/IoT、ロボティクス等のデジタル技術やデータ利活用などの分野を支える高度人材や実務を担う人材の育成・集積に取り組みます。

 
成果指標・目標 達成年次 全体目標 平成30年度までの実績
[R2新規設定]
人材育成の仕組みとデータ連携・交換機能が整備され,デジタルトランスフォーメーションが推進されている。
R4 -
(定性)
-

 

ページトップへ

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする