ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > 家庭でできる食中毒予防

家庭でできる食中毒予防

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月7日更新

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント~買い物からあと片付けまで~

 食中毒は、レストランや旅館など、飲食店での食事が原因と思われがちですが、家庭の食事にも発生する危険性がたくさん潜んでいますので、家庭での対策はとても大切です。食中毒は、一般的に気温が高くなる初夏から晩秋にかけて多発しています。次の6つのポイントに気をつけて、食中毒を防ぎましょう。

(1)買い物をする時買い物の絵

  • 生鮮食品は、新鮮な物の購入を(期限表示などの確認) 
  • 冷蔵や冷凍が必要な食品の購入は、買い物の最後に 

(2)食品を保存する時 冷蔵庫の絵

  • 冷蔵や冷凍が必要な食品は、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に
  • 冷蔵庫は10度以下、冷凍庫はマイナス15度以下が目安
  • 冷蔵庫内では肉汁などが他の食品に付かないよう、食品ごとに別容器に
  • 冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意、目安は7割程度

(3)下準備の時

食器の熱湯殺菌の絵

  • 作業の前や肉、魚、卵を扱った後には、必ず手洗を
  • 生の肉や魚を切った包丁やまな板で、他の食品を処理しないこと。使用後すぐに、洗剤と流水でよく洗浄を(熱湯をかければ消毒効果があります。)
  • ラップしてある野菜やカット野菜もよく流水で洗浄を
  • 冷凍食品の解凍は、料理に使う量だけ冷蔵庫の中や電子レンジで
  • 包丁、まな板、ふきん、たわしなどの消毒を(漂白剤や熱湯又は煮沸が効果的です。)

(4)調理の時

 加熱料理と手洗いの絵

  • 調理の前には、必ず手洗いを
  • 加熱調理する食品は、十分に加熱を(目安は、中心部の温度が75度で1分間以上)
  • 調理を途中でやめる時は、冷蔵庫で保管

(5) 食事の時

ばい菌の増殖の絵

  • 盛り付けは、清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に
  • 食品は、室温に長く放置しない(O157は、室温でも15~20分で2倍に増えます。)

(6) 食品が残った時

 残飯を捨てる絵

  • 残った食品は、早く冷えるよう浅い容器に小分けして冷蔵庫へ
  • 残った食品をあたため直す時も十分に加熱を
  • 時間がたち過ぎたり、ちょっとでも怪しいと思ったら、思い切って捨てましょう。

 食中毒予防の三原則は、食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」です。「6つのポイント」はこの三原則から成っています。食中毒予防は簡単な予防方法をきちんと守れば予防できます。

 ※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

(参考)家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省パンフレット)

関連情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ