ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > 家庭でできる食中毒予防のポイント(アウトドア)

家庭でできる食中毒予防のポイント(アウトドア)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月9日更新

 アウトドアでのポイント

 夏から秋にかけて,アウトドアなどのレジャーで,バーベキューや焼肉など野外で調理を行う機会が増える季節です。

 その一方で,気温や湿度が高い日が続き,食中毒の原因となる細菌が増殖しやすい季節でもあります。

 食中毒予防のポイントを守って,楽しいアウトドアでの食中毒を予防しましょう。

 1.バーベキュー・焼肉

バーベキュー

☆ 肉,魚,野菜は食材ごとに別々に包装して持参しましょう。

☆ 食材は,クーラーボックスに入れて,低温で保管しましょう。

☆ 食材を切る場合は,野菜を先に切り,最後に肉を切りましょう。

☆ 肉や魚など食材は,しっかり加熱しましょう。
特にレバーやホルモン等の内臓肉は, 生焼けにならないよう十分に加熱しましょう。

☆ 柔らかく処理されたり調味されたりして加工された肉には「あらかじめ処理してあるので,
十分に加熱してお召し上がりください」などの注意書きがありますので,表示をよく確認し
て中心部までしっかり加熱しましょう。

☆ 生肉を焼くトングやはしは,焼けた肉やサラダなどを食べるときには使わないようにしましょう。
トングとトリバシ
☆ 生肉や生魚を触ったら,手を洗いましょう。

☆ 生水(湧き水など)は飲まないようにしましょう。

☆ お弁当を持参する時は,「お弁当づくりのポイント」を参考にしてください。

☆ 紙くずや空き缶空き瓶・ペットボトルなど,持ち帰れるゴミは持ち帰るようにしましょう。 

◆ 関連情報

  • 牛の肝臓(レバー)を生食用として食べることはできません
  • 腸管出血性大腸菌による食中毒を防ぎましょう
  • カンピロバクターの食中毒にご注意! 

  2.魚釣り
魚釣り

☆ 釣った魚を入れるクーラーボックスには氷を十分用意し,しっかり冷やしましょう。

☆ 魚のあら処理は,水道水で流しながらしっかり洗いましょう。

☆ 魚の処理後はすぐに冷蔵庫や氷づめにして低温で保存しましょう。

☆ 刺身にする時は,まな板,包丁など水道水でよく洗浄しましょう。

☆ 釣ったフグは,持ち帰ったり,人にあげたり,素人調理は絶対にやめましょう。
 フグ クーラーボックス

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ