ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 農業技術センター > 栽培技術研究部 これまでの研究内容

栽培技術研究部 これまでの研究内容

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月9日更新

ベッドの立体配置によるイチゴの省力・省エネ生産システム

ベッドの立体配置によるイチゴの省力・省エネ生産システム

これまでの研究内容

水田の畑地化と長期不耕起輪作による麦・大豆の高位安定生産技術体系の開発

独自開発中の不耕起播種機による大豆播種の様子(左)と大豆の初期生育の様子(右)

水田を畑地化し,麦・大豆を低コストで高位安定生産するために,畑を耕さずに種を播く機械(不耕起播種機)を独自に開発しました。
また,麦・大豆栽培に地力向上効果の高い緑肥植物を組み合わせた輪作体系の開発に取り組んでいます。

【写真】

  • 左: 独自開発中の不耕起播種機による大豆播種の様子
  • 右: 大豆の初期生育の様子

【関連資料】

高香気性の根こぶ病抵抗性ヒロシマナ品種「CR広島2号」の育成

CR広島2号(仮称)

CR広島2号

 県特産のヒロシマナは,重要病害である根こぶ病が問題となっています。これまでの根こぶ病抵抗性品種は,漬物にした時に香りが弱い欠点がありましたが,今回育成した「CR広島2号」は,根こぶ病に強く,漬物にした時の香りも強い品種です。

培地廃棄量ゼロと軽労化を目指す水耕ネギの新栽培方式の開発

新栽培方式による作業姿勢の改善

新栽培方式による作業姿勢の改善

 水耕ネギ栽培では,ウレタンやロックウールが培地として用いられ,収穫後,廃棄されます。また,定植や収穫時には上体を前屈させた姿勢が続きます。そこで,再使用可能な培地を用いて,かつ,作業姿勢を改善する新栽培方式を開発しました。 

画期的殺菌法と天然素材固化培地によるバラの環境保全型養液循環式栽培技術の開発

固化培地での開花状況

固化培地での開花状況

 バラの溶液栽培では,培地にロックウールマットが用いられています。しかし,植え替え時には廃棄処分されており,環境への影響が懸念されています。そこで,再生と再利用が可能な固化培地を開発しました。
 培地はコイア(ヤシガラ繊維)でできています。マット状に固めているので壊れず,ロックウールマットと同じように持ち運びできます。植え替え時には,土壌改良資材として畑に鋤き込むことも簡単です。切り花収量および品質はロックウールマットと同等以上です。 

集落農場型農業生産法人の経営高度化を支援する農業版バランススコアカード(BSC)の開発

現地での戦略づくり検討会

現地での戦略づくり検討会

 集落農場型農業生産法人は,経営高度化のための戦略づくりが課題となっています。そこで,「財務」「顧客」「業務」「人材」の4つの視点から戦略づくりを進めるバランススコアカード(BSC)を活用し,新たに「地域」の視点を加えた,実用的な「農業版BSC」を開発しました。

▼詳細はページ下部からダウンロードできます。 

カンキツ品種データベースの完成

データベースカード表示画面

データベースカード表示画面

 国内外のカンキツ栽培品種及び台木用品種等の特性をまとめたデータベースが完成しました。2007年から2008年にかけて尾道市瀬戸田町で調査した466品種の品種分類,果実特性,果実及び樹体画像を掲載しています。目的にあわせて,カード表示やリスト表示に切り替えたり,データ検索もできます。利用希望者にはCDにて配布いたします。ページ下部から配布申込書をダウンロードしご記入の上,送料として200円切手を同封して農業技術センターに提出して下さい。 

▼詳細はページ下部からダウンロードできます。

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ