ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部工業技術センター > 炭素繊維プロジェクトチーム

炭素繊維プロジェクトチーム

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月15日更新
自動車業界では,『地球温暖化・CO2排出量削減』や将来的に予想される『燃料価格の高騰』への対応策として,『自動車の軽量化』へのニーズが急速に高まってきており,軽量かつ高強度な『炭素繊維複合材料(CFRP)』を活用する動きが活発化してきています。
 そのため,炭素繊維プロジェクトチームでは,広島県内自動車関連産業支援を主な目的として,低コストかつ生産性の高い「広島県独自の炭素繊維複合材料加工技術」の開発に取り組んでいます。
研究課題名
課題名研究期間研究内容

炭素繊維加工産業創出プロジェクト
(注1)

H27~29

6年間のプロジェクト研究成果((1)CFRPに対応した設計・解析技術,(2)ハイサイクルプレス成形技術,(3)中間材料技術)をベースに,県内企業の課題・ニーズに即した共同研究を実施し,炭素繊維複合材料(CFRP)の自動車部品等への実用化を目指します。

炭素繊維複合材料を用いた自動車部品製造のための実用化技術の開発
(注1)
H24~26

炭素繊維複合材料を用いた自動車部品製造のための実用化技術を開発する。
立体賦形性の向上,成形品質の向上等を目指した「材料中間材料作製技術」,「製品設計・解析技術」及び「成形技術」を一貫した生産プロセスを構築する。

炭素繊維複合材料による自動車部品の革新的低コスト成形・加工技術の開発
(注1)

H21~23
熱可塑CFRPをプレス成形方式で,自動車部品の試作を行う。
材料,設備,生産工程を通した低コスト生産プロセスを構築する。
(注1)東部工技Cとの共同研究

研究成果

研究報告・機関誌投稿

研究報告・機関誌
タ イ ト ル誌名著者
有限要素法による熱可塑性CFRP単純重ね合わせ
溶着継手の強度予測 (PDFファイル)(593KB)
広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター
研究報告No59(2016),pp.1-4
河野洋輔,松葉 朗,藤井敏男,山下弘之,荻原慎二,永田 優,小柳興瑶

CFRTPの低コスト成形加工技術の開発(第5報)
-炭素繊維加工産業創出プロジェクトの概要-

広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター
研究報告No58(2015),pp.31-34

山下弘之,藤井敏男,松永尚徳,大川正巳,河野洋輔,西田裕紀,松葉 朗

CFRTPの低コスト成形加工技術の開発(第4報)
-CFRTPテープ自動積層装置の開発-
広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター
研究報告No57(2014),pp.33-34
西田裕紀,松葉 朗,河野洋輔,藤井敏男,
松永尚徳,山下弘之,松本満則,田島 良,
藤原宗徳
複合材料研究開発拠点紹介
- 広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター -
強化プラスチックス
Vol. 59, No. 3(2013年3月号)
pp.104-106
松葉 朗,山下弘之,藤井敏男
松永尚徳,河野洋輔,西田裕紀
CFRTPの低コスト成形加工技術の開発(第3報)
~CFRTPのプレス成形シミュレーション~
広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター
研究報告No56(2013),pp.1-4
松永尚徳,山下弘之,藤井敏男
松葉 朗,河野洋輔,西田裕紀
広島県立総合技術研究所でのCFRTPを用いた成形
技術の取り組み
レーザ加工学会誌
VOL.20,NO.1
藤井敏男

CFRTPの低コスト成形加工技術の開発(第2報)
~トランスバースメンバーの試作・開発~

広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター
研究報告No55(2012),pp.5-8
松永尚徳,西田裕紀,藤井敏男
松葉 朗,河野洋輔
CFRTP の低コスト成形加工技術の開発(第1報) 
~CFRTP 解析技術の確立と機械的特性に与える
成形条件の影響の考察~
広島県立総合技術研究所
西部工業技術センター
研究報告No54(2011),pp.1-4
松永尚徳,西田裕紀,池田慎哉
下原伊智朗,藤井敏男,松葉朗
河野洋輔
炭素繊維熱可塑性樹脂複合材料の低コスト成形加工
技術の開発
月間 Polyfile Vol.48 No.573
 (2011.11)
山下弘之

学会発表・口頭発表

口頭発表
発表年月日学会名タイトル名発表者
2015年11月14日第1回日本機械学会イノベーション講演会3Dプリンタによる連続繊維強化プラスチック
の成形と機械的特性評価
河野洋輔
2014年2月28日第2回オートモーティブ・コンポジット
シンポジウム
工業用ミシンを利用したCFRTP細幅テープ
中間基材積層法の開発
松葉 朗
2013年12月17日第2回CFRP成形研究委員会
(日本塑性加工学会)
西部工業技術センターにおけるCFRP部品開
発の取組み
CFRTPプレス成形によるトランスメンバーの
開発
銅クラッド構造を利用したCFRTP高速成形用
均等加熱冷却金型の開発
山下弘之
松永尚徳
松葉 朗
2013年10月30日PUCA2013-ESI Users’ Forum Japan
(日本ESIユーザーズフォーラム)
CFRTPのプレス成形工程による繊維配向の
変化を考慮した構造解析
松永尚徳
2013年10月25日第5回 自動車用途コンポジットシン
ポジウム
銅クラッド構造によるCFRTP用高速均等加熱
冷却金型の開発と成形性評価
松葉 朗
2013年10月25日58th FRP CON-EX 2013講演会
第二回熱可塑性複合材料研究会
(強化プラスチック協会)
炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材料の部品
開発に関する広島県での取り組み
藤井敏男
2013年9月26日第38回複合材料シンポジウム
(日本複合材料学会)
ピッチ系炭素繊維強化熱可塑エポキシ複合材
料の機械的特性と成形性
西田裕紀
2013年9月25日第38回複合材料シンポジウム
(日本複合材料学会)
銅クラッド構造を利用したCFRTP高速成形用均
等加熱冷却金型の開発
松葉 朗
2013年9月10日Marc User Meeting

Marcによる炭素繊維複合材料の構造解析と
広島県の取組み事例のご紹介

河野洋輔
2013年6月25日第2回FRTP拠点交流会
(名古屋大学)

広島県立総合技術研究所
炭素繊維複合材料への取組みのご紹介

山下弘之
2013年5月28日情報機構セミナーCFRTPのプレス成形技術松永尚徳
2012年12月17日

CFRP加工技術研究会
(北九州工業高等専門学校)

CFRPの成形加工技術
 -広島県立総合技術研究所における炭素
 繊維複合材料部品開発の取組み-
藤井敏男
2012年11月20日PUCA2012-ESI Users’ Forum Japan
(日本ESIユーザーズフォーラム)
CFRTPプレス成形によるトランスバースメン
バーの開発
松永尚徳
2012年10月19日第37回複合材料シンポジウム
(日本複合材料学会)
CF/PA6一方向積層板の曲げ特性に及ぼす
中間基材形態の影響
 -ミシンステッチを利用した熱可塑テープ基
     材積層法の検討-
松葉 朗
2012年10月18日第37回複合材料シンポジウム
(日本複合材料学会)
日本の複合材料拠点 広島県立総合技術
研究所西部工業技術センターの紹介
松葉 朗
2012年9月7日

コンポジテックス研究会
(日本繊維機械学会)

広島県立総合技術研究所における
炭素繊維複合材料部品開発の取組み
 -CFRP自動車部品の開発-
山下弘之
2012年3月7日

第3 回 日本複合材料合同会議JCCM-3
(日本材料学会,日本複合材料学会)

CFRTP 中間基材テープをミシンステッチ
積層した一方向および擬似等方積層板
の曲げ特性評価
河野洋輔
2011年12月3日

第3回 自動車用途コンポジット
 シンポジウム(日本材料学会)

広島県立総合技術研究所における
炭素繊維複合材料部品の開発の取組

節家孝志

2011年10月20日

第36回複合材料シンポジウム
(日本複合材料学会)
ミシンステッチによるCF/PA6プリプレグ
テープ積層を利用したCFRTP積層板の
曲げ特性

松葉 朗

2011年10月14日

成形加工シンポジア’11(秋田)
第19回プラスチック成形加工学会
(プラスチック成形加工学会 )

CFRTP直交積層板を用いた立体成形品

西田裕紀

2010年10月14日

第35回複合材料シンポジウム 
(日本複合材料学会)

熱可塑性炭素繊維強化複合材料を用いた
立体成形品の機械的特性に与える成形圧
力と温度の影響

西田裕紀

炭素繊維複合材料利用研究会

 広島県立総合技術研究所では,多様化・複雑化する県民や県内産業のニーズに対応し, 複数の技術分野にまたがる横断的・融合的な研究に積極的に取り組んでいます。
 こうした取組みの一環として,県内に競争力のある産業の育成を支援するため,近年注目の先端材料である「炭素繊維複合材料の利活用」を目的として「産学官の人的・技術的ネットワーク」を構築するために「炭素繊維複合材料利用研究会」を平成20年2月に設置し、低コストの素材や加工技術の実用化などを検討しています。
 当研究会へ入会される企業・機関を募集していますので,是非ご加入ください。

■  基本的な活動 
   (1) 講演会
    炭素繊維複合材料に関する先端技術情報の共有と利活用に対する機運醸成を目的に,定期的に講演会を開催します。開催回数は,年2回程度を予定しています。【無料】
   (2) 分科会活動(ワークショップ活動)   
  会員企業ニーズ等を踏またテーマに基づく小グループでの分科会活動(ワークショップ活動)を実施します。【無料】   
 (3) アンケート
    会員企業に対し,炭素繊維複合材料の利用に関するニーズや保有する技術などのアンケートを実施し,今後の共同研究実施に向けた基礎資料を収集します。
   (4) 共同研究・マッチング
    アンケートなどにより把握した会員企業のニーズを分析し,会員企業同士または広島県立総合技術研究所との共同研究体制を構築し,個別・具体的な研究開発を実施します。 【共同研究契約等の締結】 
 
■  会則 ( こちらをご覧ください ) ■  加入申込書 (Wordファイル)(33KB) ( こちらをご覧ください )

(平成28年度) H28.8.24 第19回研究会 H29.3.2 第20回研究会

(平成27年度) H27.9.7 第17回研究会 H28.3.2 第18回研究会

(平成26年度) H26.9.3  第15回研究会 H27.3.16 第16回研究会

(平成25年度) H25.8.26  第13回研究会 H26.2.24  第14回研究会 

(平成24年度) H24.10.31  第11回研究会 H25.3.21 第12回研究会

(平成23年度) H23.11.7  第9回研究会 H24.21.29 第10回研究会

(平成22年度) H22.10.7  第7回研究会 H23.2.22 第8回研究会

(平成21年度) H21.8.20  第5回研究会 H22.1.13 第6回研究会

(平成20年度) H20.7.10  第2回研究会 H20.11.27 第3回研究会 H21.3.18 第4回研究会

(平成19年度) H20.2.22  設立総会

技術者研修

(平成25年度) H25.12.4  FRPマルチスケール解析セミナー
H25.11.7-8   平成25年度技術者研修

(平成24年度)  H25.1.10-11  平成24年度技術者研修

(平成23年度)  H23.12.7-8  平成23年度技術者研修
H23.11.18   炭素繊維複合材料に適用可能なCAE解析技術セミナー

(平成22年度) H22.11.30-23.1.14  平成22年度技術者研修

(平成21年度) H21.9.18-12.4平成21年度技術者研修

研究成果発表会

○総合技術研究所 研究成果発表会

(平成24年度)
 ・口頭発表
 軽量化に貢献する炭素繊維複合素材の利用技術 (PDFファイル)(4.18MB)発表者:山下弘之

 ・ポスター発表
 炭素繊維熱可塑性複合材料(CFRTP)の低コスト成形加工技術の開発 (PDFファイル)(684KB)
~ トランスバースメンバーの試作&実車走行試験 ~

(平成23年度) ・ポスター発表
 炭素繊維熱可塑性複合材料(CFRTP)の低コスト成形加工技術の開発~ トランスバースメンバーの試作&実車走行試験 ~

○西部工業技術センター研究成果発表会

(平成28年度) ・ポスタ発表
有限要素法による熱可塑性CFRP単純重ね合わせ溶着継手の強度予測 (PDFファイル)(200KB)

(平成25年度) ・ポスタ発表
CFRTPのプレス成形シミュレーション (PDFファイル)(1.26MB)

(平成24年度) ・口頭発表
CFRTPの低コスト成形加工技術の開発 -トランスバースメンバーの開発・試作-  (PDFファイル)(4.71MB)発表者:松永尚徳

 ・ポスター発表
トランスバースメンバーの開発・試作 (PDFファイル)(618KB)

(平成23年度) 
 ・口頭発表
炭素繊維熱可塑性複合材料の低コスト成形加工技術開発 (PDFファイル)(3.88MB) 発表者:松永尚徳

 ・ポスター発表
炭素繊維熱可塑性複合材料(CFRTP)の 低コスト成形加工技術の開発 (PDFファイル)(942KB)

(平成22年度) 
 ・ポスター発表
炭素繊維プロジェクトチームの紹介 (PDFファイル)(261KB)

報道記録

平成28年

報道機関

記事タイトル

22広島経済レポート県総合技研 炭素繊維複合材料利用研究会が進展
広島経済レポート「軽く,強い」材料の未来は 炭素繊維複合材料利用研究会を開催(開催報告)
11広島経済レポート県立総合技研西部工業技術センター 炭素繊維複合材料利用研究会(開催案内)
21日刊工業新聞CFRP成形加工技術を解説 炭素繊維複合材料利用研究会(開催案内)

平成24年

報道機関

記事タイトル

1023日刊工業新聞炭素繊維複合材料利用研究会~広島県立総合技術研究所
14読売新聞炭素繊維部品コスト半減~加工時間短縮・性能向上も
県立総合技研,エコカーへの普及期待
日刊工業新聞炭素繊維複合材料,加工コストを半減
広島県立総合技研~設計・積層技術など活用
29中国新聞炭素繊維カー特許3件出願~広島県立総合技術研究所
29RCCテレビ県立総合技術研究所による炭素繊維複合材料加工分野における新技術開発
24日刊工業新聞炭素繊維複合材料テーマ
11テレビ新広島炭素繊維でできた新しい金属

平成23年

報道機関

記事タイトル

12中国新聞炭素繊維の全国交流会~広島県総合技研が参加
16日本経済新聞次世代自動車~先読む技術,産学官で蓄積
13RCCテレビ生き残りかけ炭素繊維開発
10中国新聞炭素繊維で足回り部品
~広島県立総合技術研究所など 鉄製より4割軽量~
10広島経済レポート炭素繊維複合材料利用研究会

平成22年

報道機関

記事タイトル

12広島経済レポートCFRP軽量部材の革新的プレス成形技術開発へ
~デルタツーリング・西部工技など~
25広島経済レポート自動車軽量化へ産学官で挑む 
~県を炭素繊維加工の先頭走者へ~

平成21年

報道機関

記事タイトル

30広島経済レポート

軽量,高強度の炭素繊維複合材 
~専門プロで車向け加工技術開発へ炭素繊維で足回り部品~

23日刊工業新聞

炭素繊維強化プラスチック
~高速加工技術開発へ~

協力頂いている関連企業

 研究開発を行うに当たっては,下記の企業様と連携を図りながら行っています。

 ○ 株式会社 OAプロト 

 ○ 株式会社 積層金型

 ○ タジマ工業 株式会社

 ○ 株式会社 デルタツーリング

 ○ 株式会社 ワイテック

(五十音別)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ