ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

古墳時代の鉄をつくる

古墳時代の鉄をつくる―復元実験・古墳時代のたたら製鉄―

 わが国で本格的に製鉄が始まったのは,古墳時代(3~6世紀)からで,広島県内では,戸の丸山(とのまるやま)製鉄遺跡(庄原市)や白ヶ迫(しらがさこ)製鉄遺跡(三次市)などで6世紀ごろの製鉄炉が見つかっています。
 当時の製鉄方法は,粘土で円筒形や箱形の炉を築き,これに「ふいご」で風を送りながら炭を燃やし,炉内の温度を1200℃以上にあげ,少しずつ砂鉄を振り入れて,炉の底に鉄のかたまり塊(けら)を作りだすという方法でした。
 復元実験では,この古墳時代の製鉄の原理を応用して江の川の砂鉄約20kgと松の炭約60kgを使い,6時間余かけて鉄塊約4kgができました。

古墳時代の鉄ができるまで

    1.炉の乾燥
     炉内で薪を燃やして,炉壁を乾燥させる。
     そののち,炭を入れて燃やす。

    実験に使った製鉄炉

    実験に使った製鉄炉
    (炉の乾燥中)

    2.炭と砂鉄の投入
     炭がよく燃え上がったところに,砂鉄を少しずつ投入する。

    砂鉄を入れる

    砂鉄を入れる

    3.鉄滓(てっさい)を流しだす
     炉の底に鉄滓が溜まったころを見計らって,炉底付近に穴
    (湯じ穴)をあけて鉄滓を流しだす。

    鉄滓が流れ出る

    鉄滓が流れ出る

     ↓

    燃鉄完了

    燃鉄完了

     ↓

    4.鉄塊(けら)を取り出す
     炭と砂鉄の投入が完了したら,炭がほぼ燃えきるのを待って
    炉底を壊し,鉄滓のなかの鉄塊を取り出す。

    炉を壊して鉄を出す

    炉を壊して鉄を出す

     ↓

    出来た鉄塊(けら)

    出来た鉄塊(けら)