ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

トンネル事故を防ごう

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

トンネル事故の写真

県内の高速道路には,65か所ものトンネルがあります。
 また,数キロにわたる長大トンネルや,何本も連続して続くトンネルもあります。
 更に,トンネルの中は必ずしも平坦ではなく,数パーセントの上り勾配のトンネルもあり,こうした場所では,知らず知らずのうちに速度が落ちて,自然渋滞になることがあります。

 高速道路が開通して以来,トンネル内で幾度となく多重事故が発生しています。 また,トンネル内の事故は視界が悪かったり,排気ガスや煙のため呼吸もおこないにくくなります。
 トンネル事故を防ぐために

車間距離をとりましょう

 トンネルは渋滞が起きやすく,排気ガスなどで前方の視界が悪いときもあります。車間距離をとることで,前方の交通事故や故障車などに対応することができます。

無理な追い越しや進路変更はやめましょう

 トンネルの手前や中での追い越しは大変危険です。トンネル手前の写真
 また,長いトンネルやトンネルが連続しているところなどは,車線境界線が黄色の実線になっているところがあります。この場所は「進路変更禁止場所」ですので進路変更してはいけません。

トンネル情報板を確認しましょう

 トンネルの手前には,必ずトンネル情報板が設置しトンネル情報板てあります。
 故障車や交通事故などの情報が出ていることがありますので,必ず確認しましょう。

もしトンネル内で火災などが発生し避難するには

 トンネルには出入口のほかに避難坑が設置されています(750m以上のトンネルに750m程度の間隔で設置されています)。
 出口,避難坑までの標示を確認し,避難坑の場合は反対のトンネルにつながっているので車に注意して避難します。
 また,トンネル内で火災が発生したりして危険な場合,トンネル手前に設置されている情報板に「進入禁止」の表示が出されますので,トンネルに入らないようにしましょう。

非常口表示 避難坑

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。