ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検体の採取と輸送について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月17日更新

 病原体検査を行うためには,検査に最適な検体を用いる必要があります。検体採取時期,採取する検体の種類については,十分検討してください。また,病原体によっては失活してしまう恐れがあるため,採取後は取り扱いや保存状態に注意し,速やかに保健環境センターに搬入されるよう手配してください。
 なお,病原体検査を行うためには,発病年月日,症状,検体採取日などの情報が非常に重要です。必ずこれらの事項については感染症検査票に記入してください。また,間違いを防ぐために,検体容器に患者名と検体採取日を記入するようにしてください。

一般的な注意事項

臨床検体

  • 採取した検体は,速やかに保健環境センターに輸送する。
  • 検体チューブの蓋は,ゆるまないようテープで固定する。
  • すぐに輸送できない場合は,4日以内であれば4℃以下(冷蔵)で,それ以上であれば-20℃以下(冷凍)で保存する。ただし,全血もしくは血清分離されていない血液は溶血するので冷凍してはならない。
  • 輸送の際には,冷蔵してある検体については保冷剤を,冷凍してある検体については,ドライアイスを(ドライアイスの入手が困難な場合は十分な量の保冷剤でも可)輸送用ボックス(国連規格容器)に入れ,必要事項を記入した検査票と併せて保健環境センターへ輸送する。
  • ドライアイスを輸送用ボックスに入れる際は,完全密封とならないように留意すること。また,保冷剤については,あらかじめ冷凍庫内で十分に冷却したものを使用すること。 
  • 細菌検査用の検体は,抗生物質投与前に検体を採取すること。

菌株

  • 保存培地(カジトン培地,卵培地等)に接種された菌株は,容器の蓋がゆるまないようテープで固定する。
  • 平板培地に接種された菌株は,シャーレの蓋を下にして周囲をテープで固定する。
  • 輸送の際には,輸送用ボックス(国連規格容器)に入れ,必要事項を記入した検査票と併せて保健環境センターへ搬入する。直接搬入できない場合は,宅配便は利用できないので,必ず日本郵便の「ゆうパック」を利用し,4次容器(オーバーパック)としてジュラルミンケースを用いること。
  • 輸送は常温で行う。

 検体別の注意事項

    鼻咽頭拭い液あるいは鼻腔吸引液

    • 咽頭ぬぐい液の場合は,口を大きく開け,舌圧子で舌を押さえながら口蓋,扁桃,咽頭後壁に綿球あるいは綿棒を強くこすりつけ採取する。鼻腔ぬぐい液の場合には,両方の鼻腔内に綿棒を,渦を巻くように挿入し,鼻甲介に綿棒を数回,強くこすりつけ採取する。
    • 採取に使用した綿棒は,2mlの検体輸送用培地をいれた容器(検体専用容器)に綿球部分を浸し,余分な軸を折り除くか,あるいはハサミで切り落とした後に蓋をしてビニールテープでシールする。検体専用容器が無い場合は,滅菌容器にそのまま綿棒を入れる。
    • 鼻腔吸引液の場合は,2mlの生理食塩液を鼻腔内に注入し,その後鼻咽頭分泌物を吸引する。もう一方の鼻孔ついても同様に行い,吸引液は滅菌試験管に入れ,蓋をした後にビニールテープでシールする。

    髄液

    • 無菌的に1~5mlを採取し,滅菌容器に入れ,蓋をしてビニールテープでシールする。

    水疱内容物

    • 水疱又は膿庖の表面をアルコール綿等で消毒し,毛細管,ツベルクリン注射器等で局所を突き刺し内容物を吸引するか,または局所を滅菌綿棒でこすり,検体輸送用培地に綿球部分を浸し,余分な軸を折り除くか,あるいはハサミで切り落とした後に蓋をしてビニールテープでシールする。

    血液,血清

    • 抗体検査に用いる血液や血清は最低限,急性期と回復期の2点において採取する。急性期血液,血清は,感染が疑われた時点で即座に,回復期血液,血清は,1回目の採血から2~3週間後に採取する。
    • 血液は,抗凝固防止剤(EDTA)入りの採血管を用いて採血する。(ヘパリン入り採血管は使用してはならない)。血清は,血清分離剤入り採血管を用いて採血する。
    • 血液は6ml以上を採血する。小さい採血管の場合は,6ml以上になるよう複数本採取する。

    尿

    • 20~40mlの尿を採取し,50mlファルコンチューブなどに入れ,蓋をした後にビニールテープでシールする。なお,採取量は漏出防止のため,最大でも容器の8割までとする。
    • 尿は遠心分離する必要はない。

    便

    • できる限り早期(急性期)に排泄直後の糞便を,固形便であれば5g(母指頭台),下痢便であれば1~5mlを容器に入れて蓋をした後,ビニールテープでシールする。
    • 直腸スワブの場合は,滅菌綿棒を用いて採取し,検体輸送用培地あるいは滅菌生理食塩水を入れた容器に綿球部分を浸し,余分な軸を折り除くか,あるいはハサミで切り落とした後に蓋をした後,ビニールテープでシールする。なお,ウイルス検査用には,細菌検査に使用する採便管(キャリー・ブレア培地の入ったもの)は使用しない。

    その他の検体

    • 滅菌容器に入れ,蓋をしてビニールテープでシールする。

感染症検査票

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。