ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島版「学びの変革」アクション・プラン > 広島叡智学園/Hiroshima Global Academy 〔HiGA (ハイガ)〕

広島叡智学園/Hiroshima Global Academy 〔HiGA (ハイガ)〕

「『学びの変革』を先導的に実践する学校」の校名案が決定しました

広島県教育委員会では,平成31年4月開校予定の「学びの変革」を先導的に実践する学校の校名案を決定いたしました

この学校の校名案募集につきましては,多数のご応募をいただき,ありがとうございました。

校名案


校名案】 広島県立  広島叡智学園  中学校・高等学校

              (ひろしまけんりつ  ひろしまえいちがくえん  ちゅうがっこう・こうとうがっこう)

【英名案】 Hiroshima Global Academy  〔HiGA (ハイガ)〕 


校名案決定の理由

(1)  6年間(3年間)の深い学びを通じて,生徒たちに優れた知恵や深い知性を育み,「社会の持続的な平和と発展」に向けて,地域や世界の「より善い未来」を創造できるリーダーを生み出す場となることを目指す。

(2)  日本全国・世界中の叡智を結集することにより,生徒が「主体的な学び」を実践できる場となり,また,その成果を広島から世界に発信する拠点となることを目指す。

(3)  「社会の持続的な平和と発展を実現したい」という高い志を持った生徒たちが世界中から集い,学び,切磋琢磨する場として,「グローバルな社会」を象徴する学び舎となることを目指す。

※校名案決定までの過程については,平成29年9月5日(火)教育委員会会議資料 (PDFファイル)(207KB)を御覧ください。

学校の概要

  • 開 校 時 期  : 平成31年4月1日
  • 設 置 形 態  : 併設型中高一貫教育校
  • 課程 ・ 学科 : 全日制課程普通科
  • 学 校 規 模  : 中学校:1学年40人,高等学校:1学年60人(うち外国人留学生20人)をベースとして検討中です。
  • 通 学 区 域  : 全県一円
  • 寄   宿   舎  : 設置(全寮制)
  • 卒 業 資 格  : 日本の高等学校の卒業資格及び国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)<導入に向けて検討>
  • 設 置 場 所 : 豊田郡大崎上島町大串

カリキュラム(教育内容)について

学校施設について

施設動画

学校概要パンフレット

※募集生徒数については,パンフレットでは,中学校1学年50人高等学校1学年70人となっていますが,6月9日(金)教育委員会会議での協議を踏まえ,現在,中学校1学年40人,高等学校1学年60人(うち外国人留学生20人)をベースとして検討中です。

※なお,パンフレット冊子の郵送を御希望の方は,県教育委員会学びの変革推進課まで,電話またはメールにて御連絡ください。(電話番号は,このページの一番下に記載してあります。メールでの御連絡は,同じく一番下に記載の「お問い合わせフォーム」を御利用ください。) 

基本構想の策定

 平成28年2月,「学びの変革」を先導的に実践する学校の基本構想を策定しました。

 この基本構想では,平成26年12月に策定した「広島版『学びの変革』アクション・プラン」において,設置に向けて検討することとしておりましたグローバルリーダー育成校(仮称)の必要性及び基本的な枠組みを取りまとめました。

「学びの変革」を先導的に実践する学校~グローバルリーダー育成校(仮称)~基本構想 (PDFファイル)(2.29MB)

※その後の教育委員会会議における決定を踏まえて更新を行っています。

※募集生徒数については,基本構想では,中学校1学年50人高等学校1学年70人となっていますが,6月9日(金)教育委員会会議での協議を踏まえ,現在,中学校1学年40人,高等学校1学年60人(うち外国人留学生20人)をベースとして検討中です。

広島県グローバルリーダー育成校(仮称) ICT環境構築に係る情報提供依頼(RFI) 終了しました

本依頼の目的

  広島県では、中高一貫教育校である「学びの変革」を先導的に実践する学校を、平成31年4月に豊田郡大崎上島町大串で開校する予定であり、現在、施設設計、カリキュラム、備品等の各種検討の他、導入するICT環境の検討を進めています。

  この学校とは、「社会の持続的な平和と発展に向け、世界中のどこにおいても、地域や世界のより善い未来を創造できるリーダー」を育成することを目的としており、主に以下の特徴があります。

・  実践的な英語学習

・  国際バカロレア・ディプロマプログラム(導入予定)

・  プロジェクト学習

・  全寮制での学習・生活

・  世界中から集まった生徒や教員という多様性あふれる学習環境

  上記を踏まえて、今回の情報提供依頼は、独自回線及び校内・寮内ネットワーク(有線/無線)の構築、学習支援や生活支援に関するサービス、ICT機器、及びIBDP対応校務支援システムの導入、ヘルプデスクや全体管理等について、必要な導入・運用経費の概算額や導入スケジュール等を把握することを目的としています。

  つきましては、貴社が提案可能な委託範囲に関して、これまでの他の教育機関におけるICT環境に係る実績や知見に基づき、情報提供をお願いいたします。

  なお、実施要領及び指定の回答様式、仕様概要(案)及び別紙の資料一式については、記録媒体(CD)にて受け渡します。詳しくは,「情報提供依頼実施要領 (PDFファイル)(302KB)」をご覧ください。

実施手順・スケジュール

  今回の情報提供依頼に係る実施手順及びスケジュールは次のとおりです。ただし、スケジュールについては事前に通知をしたうえで、変更することがあります。

(1)参加表明及び質問事項の受付

     平成29年7月31日(月)午後3時まで

(2)質問への回答

     平成29年8月4日(金)午後3時まで

(3)情報提供依頼回答書の提出期限

     平成29年8月17日(木)午後3時まで

(4)情報提供依頼回答書に対しての確認期間

     平成29年8月18日(金)から9月5日(火)まで

  この期間内に、メール・電話にて情報提供依頼回答書の内容確認を行うことがあります。また、内容によりヒアリングが必要と判断した場合は、この期間内で別途日時を設けますのでご協力願います。

情報提供依頼(RFI)実施スケジュール

平成29年

7月25日(火)

情報提供依頼(RFI)の公告

広島県教育委員会HPに掲載

7月31日(月)

RFI参加表明及び質問事項の受付締切日

8月4日(金)

質問への回答日

8月17日(木)

情報提供回答書の提出期限

8月24日(木)

ヒアリング実施の各業者への依頼日

8月31日(木)

~9月5日(火)

ヒアリング実施期間

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)