ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 平成22年度広島県道徳教育指導資料作成委員会分野別作成部会(第8回)
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

平成22年度広島県道徳教育指導資料作成委員会分野別作成部会(第8回)

報告

読み物教材例・授業展開例の完成に向けて

会議室の写真

・平成22年度 「広島県道徳教育指導資料」の最終構成について
・平成22年度 「広島県道徳教育指導資料」作成に係る進捗状況管理
 → 進捗状況チェック票(PDF101.8KB)
・成果の普及方法について
 → 部会資料(PDF856.5KB)

 

 

分野別協議

読み物教材例・授業展開例検討

 分野別協議の様子1分野別協議の様子2分野別協議の様子3分野別協議の様子4

協議の結果,構成を一部修正しました。
(1)開発教材の実際
 ア 素材の説明 イ 資料の解説 ウ 資料 エ 授業展開例  
(2)活用のポイント
(3)授業の実際
 ア 発問の工夫 イ ○○○○○○
 ウ ○○○○○○ エ ○○○○○○  
 (※アは共通項目,イ~エについては,各事例による設定項目)
(4)各教科等(体験活動を含む)との関連
(5)心のノートの活用
→ 作成イメージ(案4)(PDF714.3KB)

グループ別協議

個別作業

パソコンのイラスト

個別作業の様子協議で受けたアドバイスを踏まえ,自己の読み物教材例・授業展開例を改善を図っています。

 

 

分野別協議

各分野からの一言

「先人の伝記」

 「『タイムスリップして,先人にインタビューしたいな。そうすれば,思いがわかるのに・・・。』先人の気持ちにしっかり寄り添って,思いを言葉にしています。」

「自然」

 「子どもたちが資料を読むことを通して色々な意見を出し合い,道徳的心情を深めることができるような資料や指導方法を考えています。資料の中の一言にこだわり,(日々自然と対話しながら?)事例集を作成しています。」

「伝統と文化」

 「ねらいに迫るためにはどのような表現がふさわしいのか,展開の流れはいかにあるべきか,試行錯誤しながら7人のチームワークで・・・改良に改良を重ねています。」

「スポーツ」

「素晴らしい結果に至るまでの,アスリートの地道な努力に日々感動しながら,資料作成に地道な努力を続けています。」

小・中学校学習指導要領解説道徳編

分野別協議の様子

「第5章第4節 3 魅力的な教材の開発や活用」から

先人の伝記:多様な生き方が織り込まれ,生きる勇気や知恵などを感じることができるとともに,人間としての弱さを吐露する姿などにも接し,生きることの魅力や意味の深さについて考えを深めることができる。
自然:自然の偉大さや生命の尊さなど,感性に訴えるものが多い。
伝統と文化:その有形無形の美しさに郷土や国への誇り,愛情を感じさせるものが多い。
スポーツ:今,実際に活躍するアスリートなどのチャレンジ精神や力強い生き方,苦悩などに触れて道徳的価値や生き方についての自覚を深めることができる。

→ 「教材開発の手引」目次

紙とペンのイラスト 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。