ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 豊かな心を育てる道徳教育コーナー > 東広島市立松賀中学校 実践のポイント
心に響くちょっといい話
道徳教育推進1-基盤・体制づくり(H14~H17)
道徳教育推進2-人材・体制づくり(H18~H20)
道徳教育推進3-中身づくり(H21~)
成果等の普及-ネットワークづくり
児童生徒の心に響く指導の充実
指導資料集等
冊子等掲載資料
リンク(国立教育政策研究所)
リンク(広島県立教育センター)

東広島市立松賀中学校 実践のポイント

実践のポイント

「道徳の時間」の指導法工夫改善への取組み

 生徒一人一人が,「道徳の時間」を楽しみながら授業に集中し,本気で考えることのできる授業をめざして,心に響く新しい教材の開発や多様な指導法を研究し実践する。

TTによる授業の研究

TTによる授業の研究の様子・資料の登場人物を分担して範読し資料の場面をより想起しやすくする。
・資料提示を劇によって行う。
・対立する2つの価値の立場に分かれて生徒を支援する。
・発問後の机間指導の際に観点を決めて生徒たちの様子を見て回る。

副読本を利用した効果的な指導法

副読本を利用した授業の様子・副読本の資料をしっかりと理解し,その資料で教えるねらいを明確にし,生徒たちの実態に合ったものを効果的に利用することを目指している。

生徒の活動を取り入れた授業

授業の様子

・グループ討議などの班活動や役割演技,ネームプレートの使用,ディベート的な手法を取り入れた授業を展開する。

効果的な資料提示や終末の工夫

人形劇の様子・人形劇や紙芝居などを使って生徒を引き付ける資料提示を工夫する。
・心のノートや写真・ビデオ・音楽などを使って,心に残り,道徳的価値が深まる終末の工夫をする。

総合単元的な道徳学習への取組み

 総合的な学習の時間や生徒会行事など様々な体験活動と関連づけた道徳の授業や道徳的実践を工夫・改善をすることによって,生徒の道徳性を高める。

総合的な学習の時間との関連

総合的な学習の時間での道徳的価値の捉えを明確にし,年間計画に位置づける。

1年「よりよく生きる」福祉体験学習 2年「みんなちがってみんないい」国際交流学習

3年「未来の自分を考えよう」職場体験学習

生徒会行事等の体験活動との関連

 それぞれの教育活動での道徳的価値の捉えを明確にし,年間計画に位置づける。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。