ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > > 税金・納税 > 県税のページ > ひろしまの森づくり県民税について

ひろしまの森づくり県民税について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 たっくん     

 広島県では,森林を県民共有の財産として守り育て,次の世代に引き継いでいくため,平成19年4月1日から「ひろしまの森づくり県民税」を導入しています。
 森林は,県土の保全や水源かん養などの公益的役割を担っています。このような重要な役割を果たす森林を県民全体で守り育てるため,県民や企業の皆様に広く負担をお願いし,それを財源に「ひろしまの森づくり」を実現します。
 皆さまのご理解とご協力をお願いします。

1 納める人(県民税均等割の納税義務者と同じ)

〔個人の場合〕
○県内に住所がある人
○県内に事務所,事業所,家屋敷を持っている人で,その市町内に住所のない人

〔法人の場合〕
○県内に事務所,事業所又は寮等を持っている法人
○県内に事務所,事業所又は寮等を持っている法人でない社団又は財団で,代表者又は管理人の定めがあり,かつ,収益事業を行うもの(当該社団又は財団で収益事業を廃止したものも含む)

2 納める額

〔個人の場合〕 年額   500円(現行の均等割額1,500円に500円を加算)

〔法人の場合〕 年額 現行の均等割額の5%相当額(年1,000円~40,000円)

3 納める方法 

 県民税均等割に加算して納めていただきます。

〔個人の場合〕
○個人事業者は,市町から送付される住民税の納税通知書により,年4回の納期に分けて納めます。
○給与所得者,65歳以上の公的年金等受給者は,年複数回に分けて源泉徴収により納めます。

〔法人の場合〕 
○法人県民税の申告納付の際に納めます。

  《納税のフロ-図》
納税フロー

4 税収の使いみち

 森林の持つ公益的機能を持続的に発揮させ,県民の誰もが心身ともに豊かな暮らしを享受できる森林環境の実現に向け,次の考え方を基に取組を実施します。

区分

内容

整備の必要性が高い森林の再生

森林の荒廃が進み,県民生活に影響が大きくなると想定される箇所を集中実施

~人工林対策,里山林対策,森林病害虫被害対策

森林資源の利用促進

木材の需要拡大に向けた取組を行い,林業経営を後押し

~住宅分野での県産材の利用拡大

新たな森の守り手の育成

森林を活用しながら森林整備を行う者を新たに育成し,手入れ不足森林を解消

~小規模林業経営や地域住民・森林保全活動団体の育成

県民理解の促進

取組に対する県民理解の促進

~普及啓発,森林・林業体験への支援など

 

 詳しくはこちらをご覧ください ⇒ バナー 

5 課税の期間

 個人・・・平成19年度分~平成33年度分
 法人・・・平成19年4月1日~平成34年3月31日の間に開始する事業年度分 

 平成29年2月定例会において,平成29年度から平成33年度まで5年間延長が決定しました。

【問い合せ先】

〔税の仕組みに関すること〕 
■総務局税務課
電  話:082-513-2328
メール:souzeimu@pref.hiroshima.lg.jp

〔事業に関すること〕
■農林水産局森林保全課
電  話:082-513-3694
メール:noushinrin@pref.hiroshima.lg.jp

関連情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。