ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 尾道警察署 > 尾道警察署 沿革

尾道警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治 6年10月当地に初めて「第10大区羅卒出張所」が設置
明治 9年 4月「第4区警察出張所」と改称
明治10年 3月「尾道警察署」と改称され,御調郡・甲奴郡を管轄
明治14年 8月「尾道水上警察署」が設置され,昭和21年7月まで海上警察活動にあたる
昭和23年 1月警察制度が改正され,国家地方警察広島県御調地区警察と自治体警察の尾道警察署及び向島西村警察署の3署が設置,109名の警察官が治安維持にあたる
昭和29年 7月新警察制度の施行に伴い,3警察署が統合
広島県尾道警察署として発足し,尾道市・御調町・向島町を管轄することになり現在に至る
昭和50年10月現在の庁舎新築