ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 呉警察署 > 呉警察署 沿革

呉警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治10年 7月

安芸郡宮原村に広島警察署宮原分署が発足

明治19年11月安芸郡和庄村に呉警察署設置。安芸郡宮原,荘山田,和庄,吉浦,
大屋,焼山,押込,苗代,栃原,平谷,熊野の11か村を直轄とし,
広島警察署海田分署及び瀬戸分署が管轄
明治21年 5月江田島分署を設置し,江田島一円と佐伯郡能美島を管轄
明治26年12月海田市警察署の開設に伴い海田市分署の管轄が同署に移管
明治30年 4月荘山田村(蔵本通3丁目)に庁舎が新築される
大正 3年 7月音戸分署は,広島水上警察署音戸分署に改称され,分離
大正15年 7月江田島分署が,警察署に昇格し,管轄区域とともに分離
昭和18年 4月音戸警察署が廃止され,呉警察署の管轄となり,音戸に警部補派出所が設置
昭和20年 7月米軍機の爆撃により庁舎が全壊し,呉市図書館に移転
昭和21年12月音戸警部補派出所は所轄区域と共に呉警察署より分離し,音戸水上警察署となる。
昭和23年 3月呉市警察本部が新設され,呉市呉警察署と改称される(管轄は広,阿賀,仁方,郷原を除く呉市内)
昭和29年 7月警察法改正により呉市警察本部は,広島県呉警察署に改称
昭和48年 7月現在地に鉄筋コンクリート造り,地上4階建ての庁舎が新築
平成14年 4月公園,本通四丁目の2交番を廃止し,10交番に統廃合