ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 福山東警察署 > 福山東警察署 沿革

福山東警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治 9年 5月

深津郡福山に,備後6郡を管轄し5屯所(鞆津,府中,近田,神辺,小畠)を持つ「福山警察出張所」を設置
明治10年 2月「福山警察署」に改称し,4分署(鞆津,府中,川南,小畠)と,後に分署となる3屯所(今津,新市,西油木)を新設
明治12年 8月深津郡福山町西町に庁舎を新築
明治15年12月今津分署が尾道警察署へ編入
明治19年11月鞆分署(旧鞆津分署)が今津警察署へ編入。川南分署が神辺警察署として独立し安那郡を管轄。油木分署(旧西油木分署)が油木警察署として独立し神石郡を管轄
明治31年10月深津郡と安那郡が合併して深安郡となったため,神辺警察署は廃止され福山警察署が深安郡を管轄
明治42年 2月福山市築功町に庁舎を新築・移転
昭和16年 9月福山市新馬場町(現:東桜町)に庁舎を新築・移転
昭和20年 8月空襲により庁舎を焼失。(公会堂を仮庁舎とした)
昭和21年12月福山市新馬場町に庁舎を新築・移転
昭和23年 3月新警察制度により,「福山市警察署」,神辺警察署及び国家地方警察深安地区警察署(神辺以外の深安郡を管轄)に改編
昭和26年10月神辺警察署が廃止され,国家地方警察深安地区警察署が深安郡全域を管轄
昭和29年 7月警察法の全面改正により「広島県警察」が発足し,福山市警察署と国家地方警察深安地区警察署を統合した「福山警察署」に改編
昭和31年10月油木警察署,鞆警察署が廃止となり,福山市,深安郡及び神石郡を管轄
昭和34年 4月福山市新馬場町で庁舎を新築
昭和44年 6月庁舎を増築
昭和46年 4月芦田川以西(草戸町を除く)を管轄する福山西警察署(旧松永警察署)の発足により,「福山東警察署」に改称
昭和61年 4月福山市三吉町南(現在地)に現庁舎を新築・移転
平成20年 4月福山北警察署の発足により,福山市神辺町以北及び神石高原町が同署へ編入