ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島県立文書館 > 広島県立文書館開館20周年記念事業

広島県立文書館開館20周年記念事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月17日更新

開館20周年記念リバイバル展

【展示テーマ】

  • 「渋谷家文書の世界」
  • 「町と村の戦時体制」
  • 「広島城下の町組と商人文化」
  • 「海外移住展」
  • 「江戸時代の武家文書」
  • 「江戸時代の村方文書」
  • 「広島戦後の記録(1945‐1970)」
  • 古文書解読同好会(2グループ)文集など

展示ポスター(PDF)

※ 過去に文書館で開催した企画展・収蔵文書展の一部を抜粋展示したものです。

●会場:広島県立文書館展示室(情報プラザ2階)
 (10月17日~19日は一部の展示を情報プラザ1階ロビーで展示)

●期間:平成20年10月17日~12月25日 午前9時~午後5時

開館20周年記念講演会

テーマ 「厳島神社史の秘められた『謎』と記録資料」

講 師 県立広島大学教授 松井 輝昭

会 場 広島県情報プラザ多目的ホール

開催日 平成20年10月25日(土曜日) 14時~15時30分

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。