ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中国横断自動車道尾道松江線

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月18日更新

中国横断自動車道尾道松江線とは

  広島県尾道市を起点として、三次市付近で中国縦貫自動車道に接続し、さらに中国山地を横断して島根県松江市を終点とする延長約137kmの高速道路であり、瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)と一体となり、山陰~山陽~四国の連携を強化し、沿線地域の社会経済・生活文化の発展に大きく寄与することが期待されてます。 

 また、この路線は、旧日本道路公団により整備されていましたが、平成16年1月から新直轄方式により無料の高速道路として、尾道JCTから三刀屋木次ICの延長111kmを国土交通省が暫定2車線で整備を進めています。 

計画概要

路線名:

中国横断自動車道尾道松江線

区間:

尾道JCTから松江玉造ICまで
(尾道JCTから三刀屋木次ICまでが無料区間)

総延長:

137キロメートル(広島県内約86キロメートル)

道路規格:

第1種第3級(尾道JCT~三刀屋木次IC)

設計速度:

80キロメートル/時(尾道JCT~三刀屋木次IC)

車線数:

4車線(暫定2車線)

これまでの整備状況と開通予定

昭和62(1987)年9月国土開発幹線自動車道として新規追加される
平成10(1998)年12月全区間が施行命令区間となる
平成11(1999)年11月甲山地区で県内初の用地幅杭打式を実施
平成13(2001)年3月宍道IC~松江玉造IC間供用(暫定)
平成13(2001)年4月尾道~甲山間で用地買収に着手
平成13(2001)年12月 吉舎~口和間で用地買収に着手
平成15(2003)年3月三刀屋木次IC~宍道IC間供用(暫定)
平成16(2004)年1月尾道~三刀屋木次間の新直轄方式へ切り替え
平成17(2005)年11月口和~県境間で用地買収に着手
平成18(2006)年3月甲山~甲奴間で用地買収に着手
平成19(2007)年1月甲奴~吉舎間で用地買収に着手
平成22(2010)年11月

尾道JCT~世羅IC間供用(暫定)
 ※御調IC(仮称)→尾道北IC,甲山IC(仮称)→世羅ICに名称決定

平成24(2012)年3月24日吉田掛合IC~三刀屋木次IC間供用(暫定)
平成25(2013)年3月30日三次東JCT・IC~吉田掛合IC間供用(暫定) 
平成26(2014)年3月30日吉舎IC~三次東JCT・IC間供用(暫定)
平成26(2014)年度世羅IC~吉舎IC間供用(暫定)予定【全線供用(暫定)】

尾道松江線 概要図

  尾道松江線概要図

※沿線の観光・ドライブ・イベント・旅行情報については下記サイトをご参照ください。【 中国横断自動車道 尾道松江線 建設促進期成同盟会 (利用促進部会)のHP 】

 尾道松江線バナー ←こちらをクリック

 中国横断自動車道尾道松江線には、このような効果が期待されています。

《中四国地域連携軸構想の推進》
瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)と一体となり、中国四国地域を結ぶ 新たな広域連携軸を形成します。

《経済圏・商業圏の拡大》
備後・備北地域や松江、出雲などの沿線地域はもとより、遠くは四国方面へ 向けた広域的な経済圏・商業圏が形成されます。

《山陽~山陰間の交流促進》
山陽~山陰間は約2時間30分で結ばれ、完全な日帰り圏内となります。その結果 産業活動、医療、教育などの行動圏が拡大します。

《広域観光ネットワークの創造》
沿線地域がもつ多様な観光文化資源を、有機的にネットワークすることにより、 広域的な観光圏を形成します。

尾道松江線(尾道自動車道・松江自動車道)の通行料金について

 尾道松江線のうち,尾道自動車道については,尾道JCTから尾道本線料金所間で通行料金が必要となります。(尾道本線料金所では一般道への出入りができません。)また,松江自動車道については,三刀屋木次ICから以北が通行料金が必要となります。料金の詳細については,こちらをご参照ください。西日本高速道路(株)HPへ

尾道松江線の通行にあたってのご注意

 尾道松江線の尾道JCTから三刀屋木次IC間にはサービスエリア,ガソリンスタンドがありませんのでご注意ください。詳細は,こちらをご参照ください。三次河川国道事務所HPのPDFファイル(1.19MB)

中国横断自動車道尾道松江線サービス施設等のアンケート調査結果

現在整備が進められている中国横断自動車道尾道松江線のサービス施設の必要性について,皆様のご意見やご要望を伺うため,アンケートを実施し,1,965人の方から回答を頂きました。

アンケート質問内容および,アンケート調査結果については,以下のファイルをダウンロードしてください。 

ダウンロード

尾道松江線事業担当区間別リンク先

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ