ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 障害者支援 > 「あいサポート運動」の実施について

「あいサポート運動」の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月1日更新

 「あいサポート運動」を推進するため,「あいサポート企業・団体」などを募集しています
(平成23年10月11日(火曜日)から実施)。
 詳しくは,ダウンロードファイルを御覧ください。

1 「あいサポート運動」とは

皆さんに,○障害の内容・特性,○障害のある方が困っていること,○配慮の
 仕方やちょっとした手助けの方法など,を知っていただき,実践していただく運動
 です。

(1) まず,障害について理解してください

 ◇ 障害はだれにでも生じ得るものです。
 病気や事故はいつ起こるかわかりません。
 同様に,障害はいつでもだれにでも生じ得るものなのです。

 ◇ 障害は多種多様で同じ障害でも一律ではありません。
 障害の種類も程度も様々であり,同じ障害でも,その症状は一律では
ありません。
 また,複数の障害を併せ持つ場合もあります。

 ◇ 外見で分かるものだけでなく,外見では分からない障害のため,理解されず,
苦しんでいる方もおられます。
 障害は多種多様であり,外見だけでは障害があることが分からないことも
あるため,周囲に理解されず,苦しんでいる方もおられます。

 ◇ 周囲の理解や配慮があれば,活躍できることがたくさんあります。
 目が悪くなれば眼鏡をかけるように,不自由さを補う道具や援助があれば
活躍できることはたくさんあります。

(2) そして,こんな配慮をお願いします

 ◇ 困っていそうな場面を見かけたら
 「何かお困りですか」と一声かけて,自分でできるサポートをしましょう。
 見守ることと,時には支える姿勢が大切です。

 ◇ 「障害があるから」と決め付けず
 それぞれの個性や能力が生かせることを一緒に考えてみましょう。

 ◇ 介助者がいても
 介助者ではなく本人に話しかけましょう。 

 ◇ 自分のイメージですべての障害者を見ないでください。
 障害だけを見るのではなく,その人の全体像を見て接しましょう。

2 サポーター種別

(1) あいサポート企業・団体 
 社員等を対象として,テキスト「障害を知り,共に生きる」を読むことを推奨することやあいサポーター研修などに取り組む企業・団体を認定。

(2) あいサポーター 
 障害のある方が,困っているときなどに『ちょっとした手助け』を実践する意欲のある方で,あいサポーター研修を修了した方,又はテキスト「障害を知り,共に生きる」を読まれた方(特別な技術の習得は不要)。
 

3 申込先・問合先

〒730-8511
 広島市中区基町10-52
広島県 健康福祉局 障害者支援課 自立・就労グループ
電話 082-513-3157 Fax 082-223-3611

 


ダウンロード

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

◆「あいサポート企業・団体」を募集しています!

◆「あいサポート運動」に係る出前講座の募集について

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ