ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 健康福祉総務課 > 平成21年人口動態統計年報第38号について

平成21年人口動態統計年報第38号について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 出生,死亡,婚姻,離婚及び死産の5種類の「人口動態事象」について,平成21年(1~12月)の広島県の状況をまとめた「平成21年人口動態統計年報(第38号)」を作成しました。内容については,下記からダウンロードできます。

 なお,平成21年の概況については次のとおりです。

1 出生

  • 出生数は,25,596人(対前年36人増加)
  • 出生率(人口千対)は9.0(高い方から全国5位)
  • 合計特殊出生率は,1.47(高い方から全国12位)
    (15~49歳の女性の年齢別出生率の合計)

2 死亡

  • 死亡数は,26,992人(対前年158人減少)
    死亡率(人口千対)は,9.5(高い方から全国30位)
    三大死因
    第1位 悪性新生物 7,749人 (人口10万対死亡率 273.7)
    第2位 心疾患    4,430人 (     〃        156.5)
    第3位 脳血管疾患 2,776人 (     〃         98.1)

3 自然増加

  • 自然増加数(出生数-死亡数)は,△1,396
    対前年で5年連続マイナス

4 婚姻

  • 婚姻件数は,15,913組(対前年452組減少)
  • 婚姻率(人口千対)は,5.6(高い方から全国9位)

5 離婚

  • 離婚件数は,5,503組(対前年171組増加)
  • 離婚率(人口千対)は,1.94(高い方から全国26位)

人口動態総覧

項目

実数

広島県

全国

平成21年

平成20年

対前年比

平成21年

平成20年

平成21年

平成20年

出生25,596人25,560人100.19.09.08.58.7
合計特殊出生率 1.471.451.371.37
死亡26,992人27,150人99.49.59.69.19.1
自然増加

△1,396人

△1,590人

△0.5

△0.6

△0.6    

△0.4

死産

582胎

617胎94.322.223.624.625.2
婚姻15,913組16,365組97.25.65.85.6  5.8
離婚5,503組5,332組103.21.941.882.011.99

 (注) 各比率の算出方法

  • 出生・死亡・自然増加・婚姻・離婚率=年間の事件数/基礎人口×1,000
  • 合計特殊出生率=(母の年齢別出生児数/年齢別女性人口)の15歳から49歳までの総和
  • 死産率=年間の事件数/年間の出産数×1,000(年間の出産数とは,出生数と死産数を加えたものである。)

※「付録7 年齢調整死亡率(人口10万対),選択死因・年次別」中,平成21年の広島県及び全国の数値を訂正いたしました。詳しくは,ダウンロード「平成21年人口動態統計年報(第38号)正誤表」をご覧ください。

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ