ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 健康福祉総務課 > 平成18年人口動態統計年報第35号について

平成18年人口動態統計年報第35号について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 出生,死亡,婚姻,離婚及び死産の5種類の「人口動態事象」について,平成18年(1~12月)の広島県の状況をまとめた「平成18年人口動態統計年報(第35号)」を発行しました。内容については,下記からダウンロードできます。

 なお,平成18年の概況については次のとおりです。

1 出生

  • 出生数は,25,330人(対前年590人増加)

  • 出生率(人口千対)は8.9(高い方から全国10位)

  • 合計特殊出生率は,1.37(高い方から全国22位)(15~49歳の女性の年齢別出生率の合計)

2 死亡

  • 死亡数は,25,722人(対前年143人増加)
  • 死亡率(人口千対)は,9.0(高い方から全国28位)
    三大死因
    第1位 悪性新生物 7,580人 (人口10万対死亡率 266.3)
    第2位 心疾患    4,212人 (     〃       148.0)
    第3位 脳血管疾患 2,884人 (     〃       101.3)

3 自然増加

  • 自然増加数(出生数-死亡数)は,△392
    戦後(昭和21年以降)初めてマイナスとなった昨年に引き続きマイナス。

4 婚姻

  • 婚姻件数は,16,209組(対前年481組増加)
  • 婚姻率(人口千対)は,5.7(高い方から全国11位)

5 離婚

  • 離婚件数は,5,484組(対前年125組減少)
  • 離婚率(人口千対)は,1.93(高い方から全国33位)

人口動態総覧

項目

実数

広島県

全国

平成18年

平成17年

対前年比

平成18年

平成17年

平成18年

平成17年

出生25,330人24,740人

102.4

8.98.78.78.4
合計特殊出生率 1.371.341.321.26
死亡25,722人25,579人100.69.09.08.68.6
自然増加

△392人

△839人

△0.1

△0.3

0.1

△0.2

死産629胎613胎102.624.224.227.529.1
婚姻16,209組15,728組103.15.75.55.85.7
離婚5,484組5,609組97.81.931.972.042.08

 (注) 各比率の算出方法

  • 出生・死亡・自然増加・婚姻・離婚率=年間の事件数/基礎人口×1,000
  • 合計特殊出生率=(母の年齢別出生児数/年齢別女性人口)の15歳から49歳までの総和
  • 死産率=年間の事件数/年間の出産数×1,000(年間の出産数とは,出生数と死産数を加えたものである。)

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ