ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

私立高等学校等奨学のための給付金のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月11日

私立高等学校等奨学のための給付金のお知らせ

 「奨学のための給付金」は,授業料を対象とした就学支援金とは別に,授業料以外の教育費負担の軽減を目的とした支援制度です。(返還の必要はありません。)

1 対象となる世帯

7月1日(基準日)時点で,次のすべてに該当する世帯の保護者に支給します。

(1) 生徒が,私立高等学校等(注1)に在籍し,高等学校等就学支援金(学び直し支援金を含む)の受給資格を有すること。

(2) 保護者が,広島県内に在住していること。(注2)

(3)ア 生活保護法の規定による生業扶助(注3)を受給している世帯または

 イ 保護者全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯(アを除く)・・に属すること。

注1 高等学校等とは,高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成22年法律第18号)第2条に規定する高等学校等であり,具体的には高等学校,専修学校高等課程,国家資格養成施設の指定を受けている専修学校一般過程及び各種学校などです。

注2 保護者が広島県以外に在住する場合は,在住している都道府県が申請先となります。

【参考】各都道府県の窓口一覧 → 文部科学省ホームページ外部リンク

注3 生業扶助とは,生活保護制度の1つで,高校就学に要する費用など就労に必要な技能の修得にかかる費用に給付されるものです。

※なお,生徒が児童福祉法による児童入所施設措置費などの支弁対象であって,見学旅行費または特別措置費(母子生活支援施設の高校生などを除く。)が措置されている場合は,支給対象外となります。

2 給付額

世帯区分

学科区分

全日制・定時制

通信制

給付額(年額)

生活保護(生業扶助)受給世帯

52,600円

52,600円

保護者全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯

対象となる生徒以外に扶養している15歳以上23歳未満の兄姉がいる

138,000円

38,100円

対象となる生徒以外に扶養している15歳以上(中学生を除く)23歳未満の,通信制課程に在学中または高校生など以外の弟妹がいる

上記以外

89,000円

 【参考】世帯構成別給付額 → 文部科学省ホームページ外部リンク(PDF)外部リンク

3 申請手続 

 

生徒が広島県内の私立高等学校等に在学する場合

生徒が県外の私立高等学校等に在学する場合

申請手続

在学する学校から配付される申請書類に記入の上,必要書類を添えて,学校へ提出してください。

様式ダウンロードから書類を取出して記入の上,必要書類を添えて,直接,広島県庁へ郵送してください。

 〔郵送先〕
〒730-8511 広島市中区基町10-52
広島県環境県民局学事課
(封筒に「奨学給付金申請書在中」と記入)

 (注)学校が保護者へ申請書類を配付し,取りまとめて広島県庁へ提出する場合があります。各学校へお問い合わせください。

提出期間

学校が定める期日まで

 (注)学校ごとの対応になります。在学する学校にお問い合わせください。

平成30年7月2日(月曜日) ~ 平成30年8月15日(水曜日)
(当日の消印有効)

(注)学校が取りまとめるときは,学校が定める期日まで

 

4 提出書類

複数の生徒について申請する場合は,生徒1人につき1枚の申請書を提出してください。

 

提出書類

説明・注意点

生活保護(生業扶助)受給世帯

奨学給付金受給申請書

 

 申請書(Excelファイル)(291KB)

 

記入例 (PDFファイル)(294KB)をご確認ください。

生活保護受給に関する証明書

 

 書類(2) (Wordファイル)(21KB)

生活保護法の規定による生業扶助の措置状況がわかる証明書

※ 平成30年7月1日時点の生業扶助(高等学校等就学費)の受給が確認できる場合は,福祉事務所発行の「生活保護受給証明書」のコピーも可。(「生業扶助(高等学校等就学費)」の受給状況が明記されている必要があります。福祉事務所へお問合せください。)

振込先通帳のコピー

 

 書類(4) (Excelファイル)(83KB)

 

 

 

金融機関名,支店,預金種別,口座番号,口座名義フリガナが確認できるページをコピーしてください。また,申請者名(保護者)と振込口座名義が異なるときは,委任状(書類(6) (Excelファイル)(14KB))が必要です。

※ 委任状が必要となる例
・申請者氏名(父親) &Harr;口座名義(母親)
・申請者氏名(母親) &Harr;口座名義(子) など

在学証明書

 

 書類(5) (Excelファイル)(14KB)

県外の私立高等学校等に在学するときは,学校の証明を受けてください。

(県内の私立高等学校等に在学するときは,提出不要です。)

保護者全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯

奨学給付金受給申請書

 

 申請書(Excelファイル)(291KB)

 

記入例 (PDFファイル)(294KB)をご確認ください。

保護者全員の平成30年度の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が確認できる書類

 

 書類(1) (Excelファイル)(19KB)

保護者ごとに,次のいずれか一つを提出してください。(コピー可)

 ア 市町村民税・県民税特別聴き取る税額決定通知書
(保護者などが給与所得者で勤務先以外からの収入がない場合に限る。)

 イ 市町村民税・県民税納税通知書

 ウ 市町村民税・県民税課税証明書
(市区町村役場窓口で手数料が必要です。)

※   県内の私立高等学校等に在学し,就学支援金の収入状況届出等を学校へ提出済の方は,提出不要です。

振込先通帳のコピー

 

 書類(4) (Excelファイル)(83KB)

金融機関名,支店,預金種別,口座番号,口座名義フリガナが確認できるページをコピーしてください。また,申請者名(保護者)と振込口座名義が異なるときは,委任状(書類(6) (Excelファイル)(14KB))が必要です。

※ 委任状が必要となる例
・申請者氏名(父親) &Harr;口座名義(母親)
・申請者氏名(母親) &Harr;口座名義(子) など

在学証明書

 

 書類(5) (Excelファイル)(14KB)

県外の私立高等学校等に在学するときは,学校の証明を受けてください。

(県内の私立高等学校等に在学するときは,提出不要です。)

 

必要に応じて提出

兄弟姉妹,生徒本人の健康保険証のコピー

  書類(3) (Excelファイル)(19KB)

 対象となる生徒に兄弟姉妹がいるなど,必要な場合(注)については兄弟姉妹,及び生徒本人の健康保険証のコピーを提出してください。

(注)「必要な場合」の内容は受給申請書をご覧ください。

扶養誓約書

 

 (書類(6) (Excelファイル)(14KB)) 

国民健康保険等,保険証で兄弟姉妹等の扶養関係が確認できない場合があります。そのときは,保険証のコピー(書類(3) (Excelファイル)(19KB))とともに提出してください。

 

5 支給方法

本県から支給決定通知を送付するとともに,申請者の指定口座へ振込みます。

(平成30年11月~12月に振込みを行う予定です。)

 

様式ダウンロード


 申請書  奨学給付金受給申請書 (Excelファイル)(219KB) ・ 受給申請書の記入例 (PDFファイル)(294KB)

 書類(1) 「保護者全員の所得確認書類」をはり付ける台紙 (Excelファイル)(19KB)

 書類(2) 生活保護受給に関する証明書 (Wordファイル)(21KB)

 書類(3) 健康保険証等(コピー)をはり付ける台紙 (Excelファイル)(19KB)

 書類(4) 通帳の写し(コピー)をはり付ける台紙 (Excelファイル)(83KB)

 書類(5) 在学証明書 (Excelファイル)(14KB) (県外の私立高など学校などの場合)

 書類(6) 委任状 (Excelファイル)(14KB) ・扶養誓約書 (Excelファイル)(13KB)

【参考】 受給申請のご案内(保護者向けリーフレット) (Wordファイル)(74KB)

関係リンク先 → 文部科学省ホームページ外部リンク

 → 広島県教育委員会ホームページ(公立高校の場合の案内)

 

申請書の記入方法など手続きの詳細については,以下の番号にお電話してください。

奨学のための給付金専用ダイヤル:082-223-1281,1282,1285,1286 (8月~11月中)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする