ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 防災 > 広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動とは

広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月28日更新

広島県防災Web

総ぐるみ運動ポータルサイト

平成28年2月1日 広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動ポータルサイト
「広島県『みんなで減災』はじめの一歩」 開設!

 広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動の一環として,ハザードマップの見方や災害危険箇所・避難場所等の把握など5つの行動目標に沿った「命を守る」ための情報を,これまであまり防災情報等にふれたことがなかった皆さんにも,分かり易く伝えるためにデザイン等を工夫したポータルサイトを新たに開設しました。

広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動

 「災害に強い広島県」の実現を目指し,県民の皆様や自主防災組織などの地域で活動されている皆様が,災害から命を守るために適切に行動することができるよう県民,自主防災組織など,事業者,行政などが一体となって,災害時の被害をできる限り軽減する減災に取り組む運動です。

 ◆ 災害から命を守るための行動をとりましょう ◆

災害から命を守るために,次の3つの行動をとるようにしましょう。

◇知る◇

shiru

◇察知する◇

sacchisuru

◇判断して行動する◇

koudousuru

 身の周りの災害危険箇所などを知りましょう。

 災害発生の危険性をいち早く察知りましょう。

 おのずから判断して適切に行動しましょう。

  1. 土砂災害や洪水などの危険がないか
    ハザードマップなどで確認しましょう。
  2. まち歩きなどに参加し,災害危険箇所を
    みんなで共有しましょう。
  3. 土砂災害や洪水など災害の種類に応じた
    避難場所・避難経道を確認しましょう。
  4. 過去の災害の歴史を見てみましょう。
  5. 危険を知らせる気象情報※1・防災情報※2の
    意味・入手方法を知りましょう。
  1. テレビ(データ放送),ラジオ,インターネット,
    防災情報メールなどで,気象情報,
    避難情報を確認しましょう。
  2. 防災情報メールを登録しましょう。
  3. 災害発生の前ぶれを見聞きしたら,
    周りの人に伝えましょう。
  1. 避難勧告が発令されたときに限らず,
    おのずから必要と判断したときは,速やかに
    行動を開始しましょう。
  2. 避難場所など安全な場所への移動,
    屋内の安全な場ところでの退避など,
    おのずからの置かれた状況に応じて
    適切に行動しましょう。
  3. 近所の人に声をかけて,一緒に
    避難しましょう。
  4. 高齢者など災害時に支援が
    必要な人が安全に避難
    できるよう助けましょう。 

※1気象情報:雨量,河川水位,注意報,警報,特別警報,土砂災害警戒情報など
※2防災情報:避難準備情報,避難勧告,避難指示など

 ◆ ふだんから災害に備えるための行動をとりましょう ◆

ふだんから災害に備えるため,次の2つの行動をとるようにしましょう。

◇学ぶ◇

mamabu

◇備える◇

sonaeru

防災教室や防災訓練などに参加して災害から命を守る
方法を学びましょう。
 非常持出品を準備するなど災害に備えましょう。
  1. 身の周りの災害危険箇所,災害発生の危険性を察知する方法,
    災害から命を守るための適切な行動について学びましょう。
  2. 実践的な行動力を習得しましょう。
  1. 非常持出品などを準備しましょう。
  2. 建物の耐震化や家具の転倒防止対策を進めましょう。
  3. 地域住民のつながりを強めて災害に備えましょう。

   

 



 

広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動行動計画について

平成27年10月に広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動の総合的かつ計画的な推進を図るため,行動計画を策定しました。

知事メッセージ

 県土の約7割を山地が占める本県では,土砂災害危険箇所数は,全国で最も多い,約3万2千カ所に及び,過去,幾度となく尊い生命が失われる災害が発生し,加えて,南海トラフ地震が発生した場合には,県内で1万数千人にのぼる死者が想定されています。

 このため,本県では,これまで,県民が自らの身は自ら守る「自助」,地域の住民が互いに助け合い地域の安全を確保する「共助」,県,市町等が県民の生命,身体及び財産を守るために行う「公助」それぞれの役割分担と相互の連携の下,社会全体で減災に取り組む「防災協働社会」の構築を目指し,計画的な防災施設の整備及び防災意識の醸成等による防災対策を推進してきました。

 そうした中,平成26年8月20日,広島市において発生した大規模な土砂災害は,75名もの尊い命が失われる甚大な被害をもたらしました。 

 再びこのような被害を発生させないため,本県では,これまで以上に減災に全力で取り組んでいく決意の下,ハード・ソフトが一体となった対策をより一層推進するとともに,県民,自主防災組織,事業者,行政等が一体となって「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動」に取り組むこととしました。

 この運動は,県民一人一人が,「あらゆる自然災害から命を守るために適切な行動」をとることができるよう,5つの行動目標を定めて,「災害死をゼロにする」という新たな目標の達成を図ろうとするものであります。 

 その実現のためには,県民の皆様が,それぞれの立場から,この計画に掲げる取組に,主体的に取り組んでいただく必要があります。このため,県は,市町をはじめとする関係機関と,より一層の連携を深め,県民の皆様の行動を,後押しするとともに,私をはじめ職員も率先してこの運動に取り組んでまいります。

  「日本一災害に強い広島県」を,ともに目指してまいりましょう。

(行動計画 巻頭書きより)

「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動」行動計画 (PDFファイル)(3.48MB)

策定の経過等

  

広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動の推進体制について

県民,自主防災組織など,事業者,行政などが一体となって,災害時の被害をできる限り軽減する減災に取り組むため,「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動条例」第15条に基づき,推進会議を設置し,広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動を推進します。

推進会議

進行管理

県民総ぐるみ運動の取組は,様々な主体で構成する推進会議により,進行管理を行います。
その際には,行動計画に掲げる目指す姿の達成度を測るためのアンケート調査を行うこととしており,それら数値の変動等も見ながら,「災害死ゼロ」を目指す上において,地域の実情に応じた,より有効と考えられる取組の検討を,継続的に進めていきます。

注目情報コーナー

実施中・今後実施予定の取組み

一斉防災教室に参加しましょう(実施期間:平成28年5月16日~6月6)

 防災教室・防災訓練に参加しましょう!

近くで実施される「防災教室」や「防災訓練」に参加して,災害から命を守る方法を学びましょう。
(参加方法などの詳細は各問合先にお問い合わせください。)

各地で行われる主な防災教室・防災訓練の実施予定

 (※広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動ポータルサイトへ移行しました。)

終了した行事・イベント 

新たな「みんなで減災」推進大使2名の委嘱式を行いました(平成28年4月26日)

◆ 防災・減災に関する県民意識調査を実施しました(平成27年10月実施)

県民意識調査結果概要 (PDFファイル)(473KB)

県民意識調査結果 (PDFファイル)(8.76MB)

一斉地震防災訓練を実施しました(平成27年9月4日実施(予備日9月6日,7日))

一斉防災教室を実施しました(平成27年5月18日~6月7日)

 

取組事例コーナー

広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動は,県民の皆様が,それぞれの立場から主体的に取り組んでいただく必要があります。

積極的または新たな取組

事業者・団体等で,事業者・団体の構成員や県民の皆様への防災・減災の情報周知等に関し,積極的な取組を実施していらっしゃる場合は,取組事例として紹介させていただきたいので情報提供をお願いします。
また,新たな取組等を検討されている場合にはご相談ください。

積極的な取組事例(参考)

事業者・団体名取組内容取組の詳細ポイント
公益社団法人広島県宅地建物取引業協会
公益社団法人全日本不動産協会広島県本部
不動産取引の機会をとらえた防災情報の周知

新たな生活を始める地域に,どのような災害の危険性があるのか知ってもらうため,不動産業者がお客様に対して,不動産取引の事前説明として,ハザードマップや防災情報サイトを活用し,対象物件周辺の災害危険箇所などの説明を実施

ハザードマップなどを使って対面で説明することで,県民が,身の周りの災害危険箇所などを「知る」ことにつながっています。

広島県石油商業組合

レシート裏面を活用した防災情報メールの登録促進

災害発生の危険性をいち早く察知する手段となる防災情報メールを周知し,登録を促す図柄を印刷したレシートを給油所で配布
(終了しました)

消費者に手渡すレシートの裏面という,本来の目的と異なる媒体の活用と,普段は意識しない場面ゆえに,インパクトある防災意識の醸成につながる事例です。

 

「みんなで減災」推進大使コーナー

 平成27年4月からスタートした広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動を加速的に推進していくため,報道機関の気象予報士,キャスターなど8名の方に「『みんなで減災』推進大使」に就任していただきました。

推進大使の皆さんには,各局の番組などを通じて,災害から命を守るために必要な事柄の周知にご協力いただいています。

また,県が実施する防災イベント等で防災教室の講師としても活躍していただいています。

推進大使の活動などについて

 (※広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動ポータルサイトへ移行しました。)

広島県・県内市町の支援制度

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ