ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自転車交通ルール|改正について

印刷用ページを表示する掲載日2015年11月19日

自転車のイラスト広島県道路交通法施行細則(平成27年12月1日 改正施行)

イヤホン等の禁止(第10条第10号)

イヤホン,ヘッドホン等を使用して音楽を聞くなど,

  • 警音器
  • 緊急自動車のサイレン
  • 警察官の指示
  • その他の安全な運転に必要な交通に関する音又は声

を聞くことができないような状態で車両を運転しないこと。(※ 車両には自転車も含まれます。)
 ただし,難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン,ヘッドホン等を使用するときを除く。

 ※違反した場合には,5万円以下の罰金が科せられます

自転車のイラスト広島県道路交通法施行細則(平成21年7月1日 改正施行)

自転車の乗車人員(第8条第1号ア抜粋)

自転車には,運転者以外の者を乗車させないこと。ただし,次のいずれかに該当する場合は,この限りでない。

  • (ア)16歳以上の者が幼児(6歳未満の者をいう。以下この号において同じ。)1人を幼児用座席に乗車させる場合
  • (イ)16歳以上の者が幼児2人を幼児2人同乗用自転車(運転者のための乗車装置及び2の幼児用座席を設けるために必要な特別の構造又は装置を有する自転車をいう。)の幼児用座席に乗車させる場合
  • (ウ)16歳以上の者が4歳未満のものを背負い,ひも等により確実に固定している場合((イ)に該当する場合を除く)

[以下省略]

※チラシ

自転車のイラスト道路交通法(平成20年6月1日 改正施行)

  1. 「普通自転車n通行可」の標識普通自転車が歩道通行できる場合
    ・道路標識等で指定された場合
    ・運転者が13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者や身体の不自由な人の場合
    ・車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合
  2. 13歳未満の子どもの保護者は,子どもが自転車に乗るときは,乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努める。

 「普通自転車通行可」の標識

 自転車のイラスト広島県道路交通法施行細則(平成18年6月1日 改正施行)

傘差し運転の禁止(第10条第4号)

交通のひんぱんな道路において

  • 傘をさす,物を持つなど
  • 安定を失うおそれのある方法

で自転車を運転しないこと。 

※違反した場合には,5万円以下の罰金が科されます。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からの注目情報

県警ホームページがリニューアルしました。URLに変更はありません。

平成30年度の警察官試験・警察少年育成官試験について募集を開始しました

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ外部リンク ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル外部リンク 広島県警察本部Twitter外部リンク 広島県警察本部Facebook外部リンク