ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 道路使用許可(申請手続)

道路使用許可(申請手続)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月1日更新

★ 道路使用を申請する場合には,「道路使用許可申請書」(二通)が必要です。

各種申請書の様式はこちらからダウンロードできます → 道路許可申請書(様式)(PDFファイル)

 → 道路使用許可申請書 (Wordファイル)

 (※ ご記入の前にこちらの記入例 (PDFファイル)下記の注意ポイントを確認してください)

 → 道路使用許可証再交付申請書(PDFファイル) 道路使用許可証再交付申請書 (Wordファイル) 

 → 道路使用許可証記載事項変更届(PDFファイル)

 ※ 旧様式(証紙貼付欄入り)でも申請をすることができます。


申請書の様式をエクセルで作成される業者の方などへ

 ※ ワードを使用される方は,上記様式をダウンロードしてください。
 ※ エクセルを使用される方は,下記のバーコードを保存して,エクセルの挿入→図でバーコードを取り込んでください。

[道路使用許可申請書バーコード] 

 申請書のバーコードは,次の画像ファイルを右クリックして画像を保存し,使用してください。

道路許可申請書バーコード

[道路使用許可証再交付申請書バーコード]

 再交付のバーコードは,次の画像ファイルを右クリックして画像を保存し,使用してください。 

道路使用許可証再交付申請書バーコード

※ バーコード画像の大きさを変更することは可能ですが,バーコード部分を最低大きさ以上にしてください。

 『最低大きさ』 
 横(左端の数字2~右端の縦線)25.6mm以上
 
縦(もっとも長い縦線)11.0mm以上

[申請書の余白]

 右上に領収金額などを印字することから,必要余白をとってください。

 『必要余白』
  30mm以上
 
 5mm以上
 

★ 道路使用許可の申請手数料は2,400円です。

 ※ 手数料は,現金により納付してください。

  (不要な証紙は6年間,県会計管理部会計総務課で買戻し可能です。)


 《事前相談》

 申請手続きを円滑に進めるため,道路使用の計画段階から早期に所轄警察署交通課担当者に相談することが必要です。

 《道路使用許可証の交付》

 申請から交付までの標準処理期間は,3日から5日(休日は含まない。)となります。
 ただし,「道路管理者との協議が必要なもの」,「2以上の警察署の管轄にわたるもの」,「通行禁止等の交通規制を必要とするもの」については,協議や手続きに必要な期間を加えることになります。

 《記載事項変更届 》

 道路を使用していて,許可証の記載事項に変更が生じた場合は,所轄警察署長に道路使用許可記載事項変更届と当該許可証を提出して,変更に係る事項の記載を受けてください。

 《許可証再交付》

 また,許可証を亡失,滅失又は破損したときは,所轄警察署長に道路使用許可証再交付申請書,再交付用の道路使用許可申請書及び汚損又は破損した当該許可証を提出して再交付の申請をしてください。(再交付手数料600円)

 《注意点》 

 現実に道路を使用する場合は,許可事項や許可条件を守って適正に行ってください。

 道路工事等においては,作業中における各種事故を防止するため安全対策の徹底をお願いします。


★ 道路使用許可申請書作成要領

申請書を作成する際に,注意していただきたいポイントにつきましては,青色文字をクリックして確認してください。

平成〇〇年〇〇月〇〇日

○ ○ 警 察 署 長 殿

申請者
                          住 所
                          氏 名

道路使用の目的 
場所又は区間 
期 間 平成 〇〇年 〇〇月 〇〇日 〇〇時から
 平成 〇〇年 〇〇月 〇〇日 〇〇時まで
方法又は形態 
添 付 書 類 
現場責任者住 所 
氏 名 電 話 

第〇〇〇〇〇号


道 路 使 用 許 可 証
 上記のとおり許可する。ただし,次の条件に従うこと。

条件

平成〇〇年〇〇月〇〇日

○ ○ 警察署長

申請年月日

 現実の申請日を記載してください。事前相談日と申請日は異なりますので,注意してください。

【例】
 * 事前に警察署に行って相談した日が3日で,警察署に申請書を提出した日が5日の場合であれば申請日は5日になります。

様式イメージに戻る

提出先

 道路使用の許可行為の場所を管轄する警察署長名を記載してください。
 (申請の際は,道路使用許可申請書二通を所轄警察署長に提出してください。)

【例】

  •  広島中央警察署管内で工事をするのであれば,申請書の提出先は広島中央警察署となります。
     
  •  境界の接する2以上の警察署長の管轄にわたる場合は,広島県内であれば,工事等を主として行う場所を管轄する警察署長に提出することになります。
  •  
  •  しかし,広島県と岡山県にわたるのであれば,それぞれの県ごとに管轄する警察署長に提出することになります。 

 申請書の提出先

 

申請者 

  • 申請者が個人の場合であれば,個人の住所,氏名を記載してください。
  • 申請者が法人の場合であれば,会社等の名称,代表者の氏名,所在地を記載してください。

様式イメージに戻る

 道路使用の目的

 工事の名称等を具体的に記載してください。

【例】

  • 【道路工事】 ○○丁目路面補修工事,○○交差点改良工事
  • 【管路工事】 配水本管付設替工事,○○管路新設工事
  • 【設置工事】 消火栓設置工事,アーケード設置工事
  • 【 作     業 】 ○○架線作業,○○マンホール点検作業
  • 【 設     置 】 広告板等の設置 交通安全広報塔の設置
  • 【 露     店 】 ○○祭りに伴う露店の設営
  • 【 イベント 】 ○○フェスティバルに伴うパレード参加

様式イメージに戻る

場所又は区間

 実際に使用する道路の場所又は区間の番地を正しく記載してください。
 なお,施工箇所が同一警察署管内で数箇所に及ぶ場合は,事前に管轄警察署の担当者に相談してください。

【例】

  • ○○市○○町○丁目○番○号から同○丁目○番○号までの間(○○m)

様式イメージに戻る

期間

 期間及び時間については,実際に道路を使用する必要最小限度の期間を記載してください。
 ただし,工事又は作業に伴う時間については,施工場所,交通量等から総合的に判断し「昼間施工」「夜間施工」の別及び施工時間帯を検討したうえ,所轄警察署長への事前相談,現場実査によって指導を受け施工時間を決めて下さい。

様式イメージに戻る

方法又は形態

 この欄には,工事等の施工方法,施工面積,工事概要等について記載してください。
 なお,この欄に書き切れない場合は,『別添「道路使用計画書」のとおり』と記入し,添付書類中に工事概要等を記載しておいてください。

様式イメージに戻る

添付書類

 この欄には,添付資料がある場合に表題である「道路使用計画書」等と記載し,添付資料には,その表題を記載して添付してください。
 なお,添付書類には,特に定められた様式はありませんが,簡潔で分かりやすいように作成してください。
 具体的にどのような書類が必要か分からないような場合には,事前に警察署に問い合わせてください。

【例】 工事における標準的添付書類

工事概要

道路現況図

 現場案内図 現況道路規制標識図
 工事工程表 道路使用状況図(施工区割図,作業帯図)
 安全管理組織図 交通量調査図
 緊急連絡体制 主要使用車両,使用機械一覧表
 道路工事通報連絡責任者名簿 工事関係者料の駐車対策表
 緊急時動員表 保安施設,資機材図
 設計図 現況写真

様式イメージに戻る

現場責任者

 工事又は作業の申請は,現場事務所を設置している場合には,当該現場事務所の住所と電話番号を記入し,設置していない場合には,現場責任者が現実に所在する本社・支社等の住所と電話番号を記載してください。

 申請者と現場責任者が同一の場合は,申請者の住所,氏名,電話番号を記載してください。

様式イメージに戻る

道路使用許可証

 警察署において記載しますので,空欄にしておいてください。

様式イメージに戻る

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ピックアップ