ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 事件・事故は110番!

事件・事故は110番!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月31日更新

事件・事故は110番

事件や交通事故,不審な状況を見たら,すぐ110番してください

被害に遭ったら、すぐ110番

 犯人は、わずかな時間で遠方へ逃げてしまいます。被害に遭った時は、すぐに現場から携帯電話や最寄りの公衆電話、または付近の電話を借りるなどして110番してください。

不審者や各種事件の情報も110番警察官のイラスト

  • 〇 事件を目撃した! 今、犯人が逃げている!!
  • 〇 助けを求める声や、悲鳴、泣き声が聞こえる! 
  • 〇 家の周りを見たことのない人がウロウロしていて怪しい! 
  • 〇 知らない人が、自分のバイクをいじっている!泥棒かも!
  • 〇 最近聞いた不審者情報に似た人がすぐそばにいる!

など,「変だな?おかしいぞ?」「あれ?もしかして…」と不審に思ったら、迷わず110番してください。

110番のポイント

事件ですか?事故ですか? 

110番をかけたら,落ち着いて警察官の質問に答えてください。

そこはどこですか?

住所や目標となる建物や店などを教えてください。 

現場の様子を教えてください

  • 現場がどのような状態か教えてください。
  • 犯人が逃げていれば,犯人の特徴や逃げた方向・方法を教えてください。

110番は、緊急専用の電話です! いたずら電話は、絶対にしないでください!!

  • 〇 電話番号案内やいたずら電話、相談・問い合わせなどの電話により、本来の緊急を要する事件・事故の受付ができなくなることがあります。
  • 〇 いたずら電話は、業務妨害・軽犯罪法違反などの罪になりますので、冗談のつもりでも、検挙されることがあります。

急を要さない相談や要望は

 警察本部設置の相談電話をご利用ください。
 ※ 各警察署でも相談を受け付けています。

110番Q&A

110番は,いつから始まったの?

 昭和23年10月1日、東京、大阪、名古屋などの8都市で、現在の110番である警察通報用電話が開設されました。
 当初、番号は「東京 110番」「大阪 1110番」「名古屋 118番」など様々な番号が使われていましたが、昭和29年に、ダイヤル番号が現行の「110」に全国統一されました。
 広島県では、昭和24年に、初めて警察通報用電話(110番)が設置されました。

110番は、どこに電話がかかるの?

 広島県内なら、どこからかけても広島県警察本部(広島市中区)の総合通信指令室にかかります。
 ただし、携帯電話やPHSを利用した場合、県境付近では隣県の警察本部にかかることがあります。

「110番の日」とは?

 110番は、皆さんと警察とをつなぐ安心のよりどころであり、安全な日常生活に欠かすことのできないものとなっていますが、中には、必ずしも緊急通報として正しく使われていないものが見受けられます。
 そこで、110番の正しい利用を広く呼びかける目的で、昭和61年から、毎年1月10日を「110番の日」と定め、全国一斉に

  • 110番の仕組み
  • 正しい通報の仕方
  • 各種相談電話の利用方法
  • いたずら電話の防止

などについて、イベントを通じて広報活動を行っています。

★★ 平成29年 「110番の日」広報イベント ★★(1月8日 広島駅南口地下イベント広場にて)

 ● 広島東洋カープ「西川龍馬選手」に、一日通信指令官を務めていただきました。
 ● アイドル活動やダンスパフォーマンスで活躍中の、「I LOVE U@あいり」さんが応援に駆けつけてくださいました。 
 ● 司会は昨年に引き続き、「冨永千尋」さんが担当しました。

 airi soutei keirei

110番は、年間どのくらいかかるの?

 平成28年中の110番の通報件数は、24万1,953件で、平成27年と比較すると、3,306件の減少となりました。
 なお、緊急を要しない通報(いたずら、間違い電話のほか、電話番号案内、相談窓口照会など)が、全体の約3割強を占めています。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ピックアップ