ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 警備員指導教育責任者講習及び機械警備管理者講習の業務委託について

警備員指導教育責任者講習及び機械警備管理者講習の業務委託について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

警備員指導教育責任者講習及び機械警備管理者講習の業務委託について

警備業法(昭和47年法律第117号)第22条第2項第1号に規定する警備員指導教育責任者講習(以下「警備員指導教育責任者講習」という)及び同法第42条第2項第1号に規定する機械警備業務管理者講習(以下「機械警備業務管理者講習」という。)を委託することができる者を募集しています。

委託業務名

警備員指導教育責任者講習及び機械警備業務管理者講習

委託期間

翌年度分の契約から
※翌年度契約とは翌年度の4月1日から翌々年3月31日までの契約を示す

委託業務の内容

受講者に対する講習の実施
講習の内容及び時間割の作成
講習会場及び考査会場の設営及び準備
講習会場における受講者の受付等
講習資料の作成
講習及び考査に係る補助全般

応募資格

講習を適正に実施できる者であって次に掲げる条件の全てを満たす者であること。
1 警備業法第3条各号のいずれにも該当しない者であること。(申込者が法人である場合は,当該法人役員を含む。)
2 次のいずれかの要件を満たす者が,警備業法第2条第1項各号に規定する警備業務の区分ごとに3名以上在籍していること。
 ア 大学において行政法学を担当する教授若しくは准教授の職にあり,又はこれらの職にあった者(助教授の職にあった者を含む。)であって,警察庁又は社団法人全国警備業協会が実施する,新たに講師になろうとする者に対する講習又は現に講習の講師である者に対して行う講習を修了したもの
 イ 警備業法第22条第2項に規定する警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けている者で,警備員の指導及び教育に関する業務に通算して3年以上従事し,上記アの講習を修了したもの
3  50名程度が収容可能な講習会場を同時に3か所以上確保できること。

受付期間等

1 受付期間
  平日(土曜日・日曜日・祝日を除く。)午前8時30分から午後5時までの間,随時受け付ける。
  ただし,翌年度契約の最終受付は,2月末日までとする。
2 受付場所
  広島市中区基町9番42号
   広島県警察本部生活安全部生活安全総務課
3 提出書類
  申込書(上記(2)の場所で交付する。)及び上記4の資格を有することを疎明する資料(講師の名簿,会場の図面等)を直接持参すること

有効期間

平成22年度委託した者及び本件募集により,応募申込みした者については,上記4の資格の有無について審査を行い,条件を満たすと認めた場合は,当該資格の喪失,辞退その他特段の理由がない限り,以後有効な申込みとして継続することとする。

委託先の選定方法

応募資格を満たす者が複数ある場合は,翌年度分の契約につき,別途,一般競争入札により委託先を決定する。

問い合わせ先

〒730-8507
   広島市中区基町9番42号
   広島県警察本部生活安全部生活安全総務課営業係
  電話082-228-0110  内線3052,3053

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ピックアップ