ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飲酒運転根絶のために~「アルコール健康障害対策基本法」について

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月20日

アルコール健康障害対策基本法とは?

 アルコール健康障害対策基本法は,平成25年に公布され,平成26年6月1日に施行されました。

 この法律は,アルコール健康障害対策に関し,基本理念を定め,国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに,アルコール健康障害対策の基本となる事項を定めること等により,アルコール健康障害対策を総合的かつ計画的に推進して,国民の健康を保護し,安心して暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的としています。

 アルコール健康対策生涯対策基本法では,国民の間に広くアルコール関連問題に関する関心と理解を深めるため,毎年11月10日から16日までを「アルコール関連問題啓発週間」と定めています。

↓平成29年度「アルコール関連問題啓発週間」ポスター

ポスター     

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする