ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 先行許可証の取扱いについて

先行許可証の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月23日更新

●先行許可証の取扱いについて

 先行許可証とは,広島県が他の業区分について発行した許可証,または広島県以外の自治体が発行した許可証で,「規則第9条の2第5項の規定による許可証の提出の有無」が「無」となっているものをいいます。

 変更許可申請の際には,既に申請者が所持している広島県が同一の業区分について発行した許可証を先行許可証として用いることができます。

 産業廃棄物収集運搬業許可の合理化等に伴って失効した許可証は,平成24年11月1日以降,業許可申請時の先行許可証として用いることができません。 

 また,優良認定(確認)を受けた許可証についても,有効期限は7年間ですが,許可を受けてから5年を超えた許可証については先行許可証として用いることができませんので,注意してください。