ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > PCB廃棄物の保管等の届出について

PCB廃棄物の保管等の届出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月17日更新

 長期にわたり処分されていないポリ塩化ビフェニル廃棄物(PCB廃棄物)対策を進めるため,
「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が制定され,PCB廃棄物
の取扱い等について次のとおり定められています。

 ※ 「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(PCB特措法)

● PCB廃棄物の保管等の届出

 1 PCB廃棄物保管事業者は,毎年6月30日までに,前年度におけるPCB廃棄物の保管等の状況について,広島県知事(広島市,呉市及び福山市にあっては市長。以下同じ。)に届け出なければなりません。また,届け出た内容は公表されます。

 2 保管事業者において,相続や合併,分割が行われることにより,PCB廃棄物が承継される場合は,承継を受けた方が承継を受けた日から30日以内に県知事に届け出なければなりません。

 3 保管場所を変更したときは,変更後10日以内に,変更前,変更後の各保管場所を管轄する都道府県知事に届け出なければなりません。

 4 届出部数は,それぞれ2部です。

 ※ 様式は,平成26年2月28日より改正されていますので,以下の新様式により提出してください。

  • 様式第一号(一) ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管及び処分状況等届出書(保管事業者用) [PDF (355KB) WORD(132KB)]
  • 様式第二号 ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管事業場の変更届出書 [PDF(200KB) WORD(27KB)]
  • 様式第三号 承継届出書 [(第1,2面)PDF(44KB) WORD(54KB) (第3,4,5面)PDF(234KB) WORD(33KB)]

 ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管状況等届出書
届出記入要領

 届出先

● PCB廃棄物の適正な保管

 1 PCB廃棄物は,保管基準に従って適正に保管しなければなりません。
 ※ PCBの保管基準
 2 PCB廃棄物を譲ったり,譲り受けたりすることは,原則として禁止されています。

● PCB廃棄物の適正な処理

 県内のPCB廃棄物の処理について「広島県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」を策定しました。
※ 広島県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画の策定について

● 特別管理産業廃棄物管理責任者の選任

 PCB廃棄物の保管事業者は,事業場ごとに,一定の資格を有する特別管理産業廃棄物処理責任者を設置しなければなりません。
 特別管理産業廃棄物管理責任者の資格は,次のとおりです。

1 2年以上,法第20条第1項に規定する環境衛生指導員の職にあった者
2 大学の理学,薬学,工学または農学卒で衛生工学または化学工学に関する科目を履修+ 実務経験(廃棄物の処理に関する技術上の実務。以下同じ。)2年以上
3 大学の理学,薬学,工学または農学卒で衛生工学または化学工学以外の科目を履修+ 実務経験3年以上
4 短大または高専の理学,薬学,工学または農学卒で衛生工学または化学工学に関する科目を履修 + 実務経験4年以上
5 短大または高専の理学,薬学,工学または農学卒で衛生工学または化学工学以外の科目を履修 + 実務経験5年以上
6 高校の土木科または化学科の学科卒 + 実務経験6年以上
7 高校卒で理学,工学または農学の科目を履修 + 実務経験7年以上
8 実務経験10年以上
9 1~8と同等以上の知識を有すると認められる者

● 特別管理産業廃棄物管理責任者認定講習の案内

 特別管理産業廃棄物管理責任者認定講習会は,財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが実施していますので,詳細は同センターのホームページを参照してください。

 ※ 財団法人日本産業廃棄物処理振興センターのホームページ

廃棄物・リサイクルのトップページへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。