ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

7ハートフルスロープ事業(急傾斜地崩壊対策事業)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

ハートフルスロープ事業(急傾斜地崩壊対策事業)豊田郡瀬戸田町瀬戸田(北町地区)

豊田郡瀬戸田町瀬戸田(北町地区)の整備前と整備後の写真

 

事業の内容

事業実施主体→広島県

事業期間→平成11年~平成14年

概算事業費→38,000,000

事業概要(開発面積・建設物等の規模等)→工事延長/L=90m 連続繊維補強土工/A=870m2

土地利用に対する法規制等

都市計画法の用途地域等→あり

自然公園法の区域指定等→なし

その他の法・条例等による区域指定等規制の内容について記述→

・工業整備特別地区

・宅地造成工事規制地域

・特殊土壌地帯

・不況特定雇用地域

・リゾート地域

周辺地域の概況

北町地区の近くには,「西の日光」耕三寺,そして現代日本を代表する画家,平山郁夫氏を紹介する平山郁夫美術館があり,瀬戸田町の観光名所となっている。

本事業の景観形成のねらい

北町地区は,耕三寺,平山郁夫美術館といった,しまなみ海道を代表する観光名所に位置し,訪れる人たちの視覚に緑のやさしさを与え,耕三寺等の芸術,文化的景観と調和することがねらいである。

景観への配慮状況

 景観形成に配慮した事項

 既設モルタル吹付工を修繕するにあたり,植生に配慮した工法を用い,コンクリート斜面から緑ある斜面に変えたこと。

 景観に関する地元からの指摘事項等

緑化することにより,斜面からコンクリートの冷たさが消え,斜面に潤いが感じられるようになった。斜面に四季の変化がみられ,目を楽しませてくれるようになった。

 景観に関する地元合意の手続き

なし

 今後の課題

 当該事業を通して得られた景観形成上の問題及び課題等

地元住民からの要望により,木の成長にともない,伐木等が生じることがある。その後,何年かたって自然に生えた木の落葉等による水路そうじ等の維持管理の必要性が生じる。

 

 

 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする