ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

ダイオキシン類に係る排出基準

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 1 大気関係

 

大気関係排出基準[単位:ng-TEQ/m3N]

施 設 種 類

排出基準

新設施設

既設施設

1. 廃棄物
焼却炉
焼却能力が, 4t/時間以上0.1ng-TEQ/m3N1ng-TEQ/m3N
〃 2~4t/時間未満1ng-TEQ/m3N5ng-TEQ/m3N
〃 2t/時間未満5ng-TEQ/m3N10ng-TEQ/m3N
2. 焼結鉱製造用焼結炉0.1ng-TEQ/m3N1ng-TEQ/m3N
3. アルミニウム合金製造用溶解炉1ng-TEQ/m3N5ng-TEQ/m3N

注1. 基準は,各排出口(煙突)で適用される。

注2. 既設施設とは,平成12年1月14日までに施設の設置工事に着手しているものをいう。ただし,平成9年12月2日以降に設置工事に着手した廃棄物焼却炉(火格子面積2m2以上又は焼却能力200kg/時間以上のものに限る。)については新設施設とする。

注3. 廃棄物焼却炉は,火床面積(炉の床面積)が0.5m2以上又は焼却能力が50kg/時間以上のものが法対象施設となる。(一つの焼却施設に二以上の焼却施設が設置されている場合にはその合計)

2 水質関係

水質関係排出基準[単位:pg-TEQ/L]
施 設 種 類排出基準
1. 廃棄物焼却炉の廃ガス洗浄施設等10pg-TEQ/L
2. パルプ製造用塩素漂白施設
3. カーバイド法アセチレン製造用アセチレン洗浄施設
4. 事業場の排水処理施設

注 基準は,事業場の排水口で適用される。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする