ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地球温暖化のメカニズム

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月22日

地球温暖化はどんなしくみで起こるの?

全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/外部リンク)より     

 地球は太陽からのエネルギーで暖められ,この熱の一部を,大気中の二酸化炭素をはじめとする「温室効果ガス」が吸収し,残りの熱を宇宙へ放出しています。

 この「温室効果ガス」による熱の吸収により,地球上は,平均気温約14℃という生物の生存が可能な環境に保たれてきました。

 ところが,産業革命以降の人間社会は,化石燃料を大量に燃やして使うようになり,大量の二酸化炭素などを大気中に排出するようになりました。

 このため,大気中の二酸化炭素濃度が上昇し続け,2005年には379ppmと,産業革命前の約280ppmの1.4倍まで増加しています。

 その結果,地球上の熱を吸収する量が増え,地球全体が温暖化しているのです。

 

 

地球環境のトップページへ

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする