ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > どうして「レジ袋」を減らす必要があるの?

どうして「レジ袋」を減らす必要があるの?

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月22日更新

レジ袋1枚の生産・焼却により,39gの二酸化炭素が排出されます。広島県全体では,年間3万2千トンになります。

  レジ袋は国民一人当たり年間約300枚使用されてます。

広島県全体では,年間約8億2千4百万枚,重さにすると6千830トンのレジ袋が使用されています。

   レジ袋を減らすことは貴重な資源である石油を節約できます。

レジ袋1枚の生産に,石油が18.3ml使用されています。広島県全体では,年間1万5千klの石油が使用されています。

  瀬戸内海で魚網にかかるゴミのうち,最も多いのはレジ袋などのビニール袋です。

レジ袋などのビニール袋は,自然界に投棄されると分解が遅いため,魚や野生生物にも悪影響を及ぼします。

 

 

地球環境のトップページへ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。