ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 1 大気汚染防止法・広島県生活環境の保全等に関する条例の概要

1 大気汚染防止法・広島県生活環境の保全等に関する条例の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月21日更新

1 大気汚染防止法・広島県生活環境の保全等に関する条例の概要

 大気汚染の防止を目的とした大気関係法令には,国の定めた大気汚染防止法があります。
 大気汚染防止法では,規制対象とする物質としてばい煙,揮発性有機化合物及び粉じん等を定めるとともに,工場及び事業場に設置される施設のうち,ばい煙などの発生の原因になるものとして定めた施設をばい煙発生施設などとして規制しています。
 大気汚染防止法が規制対象とする施設には,ばい煙発生施設,揮発性有機化合物排出施設,一般粉じん発生施設,特定粉じん発生施設,指定物質排出施設の5つがあります。このうち,ばい煙発生施設,揮発性有機化合物排出施設,一般粉じん発生施設,特定粉じん発生施設については,施設の設置に際して届出の義務があります。
 なお,施設ではありませんが,特定粉じん(現在では石綿)の排出される作業を特定粉じん排出作業として規制しています。
 また,広島県では,生活環境の保全等に関する条例を制定しており,その中で大気関係の規定を設け,大気汚染防止法が規制対象とする施設以外にも規制対象を広げています。
 次の表では,法及び条例の定義などをまとめて掲載しています。
 規制対象となる具体的な施設などについては, 2 大気汚染防止法の概要 及び 3 広島県生活環境の保全等に関する条例の概要 をご覧ください。
  表2大気汚染防止法・広島県生活環境の保全等に関する条例の概要 (PDFファイル) 目次に戻る

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。