ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財-南禅坊山門
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財-南禅坊山門

南禅坊山門

【解説】
一間一戸(いっけんいっこ)四脚門(しきゃくもん,よつあしもん)の上部に,一間四方で入母屋造本瓦葺の上層が増築され,鐘楼を吊る構造。※ 現在梵鐘は無い。福山藩の命令により安政5(1858)年に供出されたことが寺の文書『梵鐘一件記録』から分かっている。
懸魚(げぎょ)に文化7(1810)年の墨書があることから,上層は1811年の第12回通信使を迎える予定で増築工事を行ったものと考えられている。
木部には全体に弁柄が塗られ,上層正面及び背面に火灯窓(かとうまど),両側面に円窓がある。隅棟(すみむね)の鬼瓦にそれぞれ異なる形態の猿が彫られているのも特徴的。
軒先の強い反りなど随所に,異国情緒を漂わせ,朝鮮通信使寄港地である鞆の浦の情景を彩る。

名称南禅坊山門
よみがななんぜんぼうさんもん
指定国登録
種別
種類建造物
所在地福山市鞆町
員数1棟
指定年月日【登録年月日】平成26年12月19日
構造形式木造2階建,瓦葺
法量建築面積5.1平方メートル
公開状況内部非公開
交通案内JR福山駅からバスで約30分(鞆の浦まで)
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。