ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財-南禅坊本堂
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財-南禅坊本堂

南禅坊本堂

【解説】
本堂は,鞆町西側の寺院群内に構える南禅坊境内に東面する。桁行16メートル,梁間17メートル,入母屋造(いりもやづくり)本瓦葺(ほんがわらぶき)で,一間の向拝(こうはい)を付す。
内部を内陣,余間,外陣(げじん)に区分し,前面に吹放ちの広縁(ひろえん),三方に落縁(おちえん)を廻す典型的な真宗本堂平面で,要所に時代相応の発達した装飾を見せる。

名称南禅坊本堂
よみがななんぜんぼうほんどう
指定国登録
種別
種類建造物
所在地福山市鞆町
員数1棟
指定年月日【登録年月日】平成26年12月19日
構造形式木造平屋建,瓦葺
法量建築面積315平方メートル
公開状況内部非公開
交通案内JR福山駅からバスで約30分(鞆の浦まで)
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。