ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 上市のイロハモミジ群
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 上市のイロハモミジ群

画像はありません

【解説】
上市の集落の北側,国道との比高約10m,海抜280m内外の南向き山裾に臨川庵(法福寺)跡があり,その西方約100mに共同墓地がある。この地域にイロハモミジがそれぞれ16株(以上墓地),2株(寺跡),計18株生育している。
イロハモミジ(一名タカオモミジ)は福島県以西の本州,四国,九州,朝鮮半島南部に分布する落葉広葉樹で,庭園樹としても広く植栽されている。成長が遅いので胸高幹囲2mを超えるものは大木といえる。胸高幹囲3m以上の木は全国的にも少なく,変種のヤマモミジ,オオモミジを含めても10余件が記録されているにすぎない。「上市のイロハモミジ群」は,最大のものは胸高幹囲3.25m,そのほか胸高幹囲2mを超えるものを9株も含み全国でも稀にみる大木群である。

名称上市のイロハモミジ群
よみがなかみいちのいろはもみじぐん
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地庄原市総領町
員数
指定年月日平成6年10月31日
構造形式
法量
公開状況常時公開,紅葉時期は11月下旬~12月上旬
交通案内○中国自動車道「庄原I.C」から国道432号線を東へ,総領町内最初の信号を左折して約200m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。