ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 祝詞山八幡神社のコバンモチ群落
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 祝詞山八幡神社のコバンモチ群落

祝詞山八幡神社のコバンモチ群落

【解説】
祝詞山八幡神社の社叢は,植栽されたと見られるヒノキを別にすれば,高木層はシイノキで占められ,亜高木層と低木層はコバンモチで占められている。
シイノキは,わが国の暖帯林(常緑広葉樹林,照葉樹林)を代表する森林で,福島県及び新潟県以南の暖地に発達している。本社叢は,植物社会学的にはシイノキーコバンモチ群集に含まれるが,この群集は本来関門海峡を挟む北九州沿岸と山口県沿岸に良く発達している。しかし,三津湾沿岸のものはその飛地的な存在であり,学術上の価値は高い。 

名称祝詞山八幡神社のコバンモチ群落
よみがなのりとやまはちまんじんじゃのこばんもちぐんらく
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地東広島市安芸津町
員数
指定年月日昭和59年11月19日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「風早駅」から北へ約1.5km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。