ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 福成寺の巨樹群
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 福成寺の巨樹群

画像はありません

【解説】
西条盆地南東部の山上,海抜約500mに位置する福成寺の境内にクロガネモチ(1株),トチノキ(1株),モッコク(1株),スギ(2株)の巨樹がある。モッコクは自生か植栽か分からないが,他の木は植栽されたものと思われる。県内有数の大木で,いずれも数百年の樹齢を経ていると推定される。一寺院の境内にこれだけの大木がそろっていることは珍しく,学術上貴重な存在である。また,これらの木は土地の人々に崇敬されて大切に保護されながら,福成寺への信仰と共に生き延びてきたもので,歴史的にも意義が深い。

名称福成寺の巨樹群
よみがなふくじょうじのきょじゅぐん
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地東広島市西条町
員数
指定年月日昭和57年10月14日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「西条駅」から車で20分
関連施設名称福成寺宝物収蔵庫
開館時間事前に連絡必要(雨天の日は不可)
休館日
入館料
所在地東広島市西条町下三永
電話番号082-426-0523,082-423-3486
交通案内○JR「西条駅」から車で20分

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。