ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 教西寺のツバキ
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 教西寺のツバキ

教西寺のツバキ

【解説】
教西寺本堂に向かって左寄りの前庭にある。樹高約8mで,主幹はやや南へ傾き,地上3m辺で6支幹に分かれ,それらが更にほうき状に密に分枝して,西南方に偏った円い樹冠を形成している。主幹には瘤状の突起が多くあり,支乾や枝には,ノキシノブ,フユヅタ,コケ類などが多く着生して,古木の風格を備えている。樹勢はきわめて旺盛で,例年3~4月に開花し,ある一枝には白斑の入った花が咲くという。樹令は,少なくとも500年は経っていると推定される。広島県だけでなく,全国にみても有数の巨樹であろう。

名称教西寺のツバキ
よみがなきょうさいじのつばき
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地神石郡神石高原町
員数
指定年月日昭和56年4月17日
構造形式
法量
公開状況常時公開,例年3月から4月ごろに開花
交通案内○山陽自動車道「福山東I.C」から国道182号線を北へ,「道の駅さんわ182ステーション」から時安方面へ車で15分
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。