ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 唯称庵跡のカエデ林
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 唯称庵跡のカエデ林

唯称庵跡のカエデ林

【解説】
県史跡五龍城跡の山麓を流れる本村川右岸に唯称庵跡があり,その敷地内に目通り幹囲0.3~3.3m,樹高7~20mのカエデ(イロハモミジ,一部ヤマモミジ)が約40本ある。そのうち,護岸約100mの間には,大きい25本が一列に並んで見事なカエデ林を形成している。文政6年(1823),唯称庵主本励上人が京都高雄から取り寄せたと伝えられているが,唯称庵境内の風致,護岸強化のために,栽植されたものであろう。

名称唯称庵跡のカエデ林
よみがなゆいしょうあんあとのかえでばやし
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地安芸高田市甲田町
員数
指定年月日昭和53年10月4日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「甲立駅」から北西へ約1.5km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。