ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 湯木のモミ

湯木のモミ

【解説】
本樹は,海抜305mの山麓部に位置し,モウソウチク林内に高くそびえている独立樹(樹高約32m,胸高幹囲6.1m)で,遠くからでもよく目立つ。主幹は南東に傾き,地上から10mくらいのところから主な枝が出はじめ,広卵形の樹冠を形成する。モミは一般に短命で100年から200年で枯死する場合が多いが,本樹は優に300年以上経ていると思われ,モミとしては全国有数の老樹である。

名称湯木のモミ
よみがなゆきのもみ
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地庄原市口和町
員数
指定年月日昭和53年1月31日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「三次駅」から「口和町湯木行」バスで「湯木車庫」下車,北東へ約300m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする