ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 速田神社のツクバネガシ
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 速田神社のツクバネガシ

速田神社のツクバネガシ

【解説】
ツクバネガシは暖地性のカシで,主として伊豆から南方ならびに中国地方に多く,美濃の木曽川沿いにはかなりの大木が見られる。本樹は速田神社の参道の手前に位置していて,基部に顕著な枝根(高さ2m)が発達しており,森林中にあるため樹高は大きく,末広がりの樹冠を形成している。ツクバネガシでは県内有数の巨樹である。

名称速田神社のツクバネガシ
よみがなはやたじんじゃのつくばねがし
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地廿日市市友田
員数
指定年月日昭和35年3月12日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○「佐伯町方面行」バスで「友和小学校前」下車,西へ約300m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。