ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 今高野山のカラマツ
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 今高野山のカラマツ

今高野山のカラマツ

【解説】
カラマツは,わが国特産の落葉針葉高木で,宮城県,石川県および静岡県を限界とする本州の中部地方のみに自生している。しかし,これまでに植林が成功しているのは中部以北の寒冷地方であり,中部以南の地で本樹のような巨木が見られることはまれである。本樹はカラマツとしては県内有数の巨樹であり,カラマツの独立木の代表的な樹形を示している。なお,文化年間(1804~1814)編の「西備名区」の中にも,今高野山の落葉松として本樹が記録されている。

名称今高野山のカラマツ
よみがないまこうやさんのからまつ
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地世羅郡世羅町
員数
指定年月日昭和30年1月31日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「尾道駅」,「河内駅」から「甲山行」バスで終点下車,約700m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。