ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 常清滝
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 常清滝

常清滝

【解説】
常清滝は江の川水系の作木川の支流にかかる滝である。この渓谷は海抜500m前後の吉備高原面を浸食して形成されたものである。常清滝は灰白色流紋岩の断崖にかかる上下三段からなる滝で,上を荒波(約36m),中を白色(約69m),下を玉水(約21m)といい,あわせて約126mの高さをもっており,栃木県の華厳滝や和歌山県の那智滝よりも高い。上流域が台地で面積狭少のため水量において乏しく,滝つぼ,および周囲の規模がこれらに比べてやや貧弱であるが,中国地域では,このような高い滝は他に例がなく貴重である。
渓谷の植相は,コナラ・アベマキ・エノキを主とした落葉広葉樹で,景観的な四季の変化を楽しめる。

名称常清滝
よみがなじょうせいたき
指定県指定
種別名勝
種類
所在地三次市作木町
員数
指定年月日昭和35年8月25日
構造形式
法量高さ126m
荒波36m,白糸69m,玉水21m
公開状況常時公開
交通案内○中国自動車道「三次I.C」から国道54号を,松江方面へ20分行き,主要地方道庄原作木線から15分,常清滝駐車場から約500m(作木村役場の近く)
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。