ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 石ヶ谷峡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 石ヶ谷峡

画像はありません

【解説】
石ヶ谷峡は,瀬戸内海に流れる太田川の支流の水内(みのち)川が形成する谷の一つで,花こう岩の河床に清流が流れ,竜頭の滝など多くの滝がある。峡谷内は,兜(かぶと)岩・名号岩などの奇岩に富む。わけても屏風(びょうぶ)岩は直立40~50mから120mに及び,またこうもり岩は約300mそばだち,峡の二大景観を成している。

名称石ヶ谷峡
よみがないしがたにきょう
指定県指定
種別名勝
種類
所在地広島市佐伯区湯来町
員数
指定年月日昭和12年5月28日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○「五日市駅南口」から「湯来線」バスで「石が谷峡入口」下車,北へ約1km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。