ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 曽根田白塚古墳
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 曽根田白塚古墳

曽根田白塚古墳

【解説】
標高約100mの尾根頂上付近に位置する。墳丘は比較的良好に遺存している。
本古墳の特色をあげると,1.主体部の石室に対して封土がきわめて小規模である。2.石室は全て切石を使用し,しかも極めて巨石を割って天井石・奥壁,側壁等いずれも一枚石か,せいぜい二個で築造し,玄室側壁の一方はわざわざ一枚石に割れ目を入れて左右の均衡を保ち,羨道(せんどう)部側壁も左右相称を意識している。3.側壁や奥壁と天井石を安定化するため,天井石の接合部にくり込みを入れ,石室を構成する個々の石材の接合部に,しっくいをつめ込んでいる。4.羨道部より玄室部分がせばめられ石棺状を呈するが,床石はなくて,なお石槨(せっかく)状であり,いわゆる横口式石槨をなしている。
以上の特色をもつことから,この古墳は大化改新以後の薄葬令が意識された古墳終末期(7世紀後半)のものと推測される。

名称曽根田白塚古墳
よみがなそねだしらつかこふん
指定県指定
種別史跡
種類
所在地福山市芦田町
員数
指定年月日昭和56年4月17日
構造形式
法量
公開状況見学可能(個人所有の山林内)
交通案内○JR「福山駅」から「柞磨方面行」バスで「福田上」下車,北西の山頂を目指して約1.5km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。